小田さくらの「紅蓮華」歌唱動画で注目度急上昇 YouTubeチャンネル「ハロー!アニソン部」の魅力

 ハロプロの傑出したパフォーマンス力の一端が、鬼滅ブームの波に乗ってファン以外にも広く知られる機会となった。

 モーニング娘。’20の小田さくらが11月24日、YouTubeチャンネル「ハロー!アニソン部」に投稿した動画で、アニメ『鬼滅の刃』の主題歌「紅蓮華」を熱唱した。

 「紅蓮華」は平均音程が高く音域も広い。それに原曲を歌うLiSAは、力強く伸びのある高音と綺麗なファルセットを響かせている。安定した高音が出て、かつ、一定のテクニックがないと様にならない。

 しかし、小田はモー娘。およびハロプロ屈指の歌唱力を誇る歌姫。「紅蓮華/LiSA 小田さくらが歌ってみた『鬼滅の刃』【ハロー!アニソン部#38】」と題して公開された動画で、高難易度で知られる同曲を見事に歌い切り、コメント欄では「さすが小田としか言いようがない」「高音に向かうところが綺麗」「歌唱力ある人が歌うと全然ちがうな」など称賛の嵐。Twitterでは「小田さくら」が一時トレンド入りをし、本動画はYouTube急上昇ランキングにランクインした。

紅蓮華/LiSA 小田さくらが歌ってみた『鬼滅の刃』【ハロー!アニソン部#38】

 「ハロー!アニソン部」は、モー娘。卒業生・飯窪春菜がアニソンの部長を務める部活であり、6月4日より始動したハロープロジェクトの公式YouTubeチャンネル。毎回、様々なハロプロメンバーが出演しアニソンを披露するほか、アニメ愛について語ったり、コスプレを披露したりと、アニメに関連する多彩な動画を展開している。

 同チャンネルで高い人気を誇るのは、やはり歌唱力の高いメンバー、通称「歌唱メン」が歌うアニソン動画。今回「紅蓮華」がバズった小田もこれまでに、アニメ『化物語』10話のオープニングに使用された「恋愛サーキュレーション」、アニメ『血界戦線』のエンディングテーマ「シュガーソングとビターステップ」などを披露し、いずれもチャンネルのアベレージを超える再生回数をマークしている。

【おどるポンポコリン】【恋愛サーキュレーション】竹内朱莉&小田さくら 三密避けて歌います♪【ハロー!アニソン部#5】

 歌唱メンの「歌ってみた動画」は、確実に需要がある。ハロプロはこの夏、J-POPのバラード曲を中心とした楽曲をメンバーが歌うコンサートツアー「Hello!Project 2020 Summer COVERS ~The Ballad~」を開催した。ツアー終了後には、各メンバーがツアーの中で披露した楽曲を改めてYouTube用にリテイクした動画が次々とアップロードされ、好評を博している。

 その流れで、ツアーでは披露されなかったものの、小田とjuice=juiceの高木紗友希が、MISIAの「逢いたくていま」をカバーした動画をそれぞれ公開。小田が126万回再生、高木が63万回再生と驚異的な再生回数をマークしている(11月25日現在)。

小田さくら「逢いたくていま」カバー

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる