iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxの分解動画公開

iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxの分解動画公開

 発売されたばかりの「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」について、分解動画が公開されて、さらに詳しいことが明らかになってきた。

これで全4モデルが丸裸に

iPhone 12 Pro Max Teardown | kaputt.de

 Kaputt.deが公開したiPhone 12 Pro Maxの分解動画について、まだL字型のバッテリーを使用していることは興味深い点だと『9to5Mac』は伝えている(参考:https://9to5mac.com/2020/11/13/iphone-12-mini-pro-max-teardowns/)。

 iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Proでは、バッテリーは異なる設計になっている。iPhone 12 miniはサイズが小さい分、バッテリーも、はるかに小さくなっている。コンパクトなデザインに、見事にパーツをフィットさせている。

iPhone 12 mini Teardown | kaputt.de

 iPhone 12シリーズの4モデルは全て、内部コンポーネントがよく似ているが、サイズが大きく異なるため、各機種の内部レイアウトもかなり異なるという(参考:https://9to5mac.com/2020/11/13/ifixit-shares-first-part-of-its-small-bodied-iphone-12-mini-teardown/)。

 それをiPhone 12 miniの分解で、はっきりと見ることが出来る。アンテナ設計が他のモデルとは異なるが、おそらく十分な内部スペースがないことが理由だ。

 iPhone 12 miniのカメラモジュールは、iPhone 12とほぼ同じだが、スペースを削り、他のコンポーネントを収められるようにしており、驚きだとしている。iFixitの分解では、iPhone 12のカメラが独自のAppleツールなしでは、修理できないことが明らかになった。

 やはり小さい分、バッテリーは犠牲を払っている。バッテリーは、2020年のiPhone SEの6.96Whよりも大きい8.57Whとなっているが、iPhone 12の10.78Whよりもはるかに少ない。




小型サイズは好き嫌いが分かれる?

 iPhone 12 mini(5.4インチ)をしばらく使うと小型スマホの限界と、メーカーがあまりつくらなくなった理由に気がつくと『CNN』は伝えている(参考:https://edition.cnn.com/2020/11/12/tech/iphone-12-mini-vs-iphone-12-pro-max/index.html)。

 キーボードが小さくて打ちにくく、メディア観賞は最高の体験とは言えず、1日中メッセージやメールのやり取りでタップしなければならない場合は、窮屈に感じるという。小さいサイズを好む人もいるだろうが、間違いなく大きい方がいいと思う人もいるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる