『ヒプノシスマイク ~Division Variety Battle@ABEMA~』 ヨコハマ&ナゴヤに聞く、“バラエティ番組”への姿勢と『ヒプマイ』の今後

『ヒプノシスマイク ~Division Variety Battle@ABEMA~』 ヨコハマ&ナゴヤに聞く、“バラエティ番組”への姿勢と『ヒプマイ』の今後

 音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-(通称:ヒプマイ)』が、2020年9月26日からABEMAで月1レギュラー番組の配信を開始した。その名も『ヒプノシスマイク ~Division Variety Battle@ABEMA~(以下、ヒプバラ)』だ。

 初回放送はイケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」とオオサカ・ディビジョン「どついたれ本舗」のメンバーが出演。ケンカ川柳Battleや激ムズご当地クイズ、ウィスパーボイス対決など大いに盛り上がる企画が満載だった。そして、10月31日配信の第2回目はヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW」とナゴヤ・ディビジョン「Bad Ass Temple」のメンバーが出演する。

 リアルサウンドテックでは、「MAD TRIGGER CREW」から碧棺左馬刻役の浅沼晋太郎、入間銃兎役の駒田航、毒島メイソン理鶯役の神尾晋一郎、「Bad Ass Temple」から波羅夷空却役の葉山翔太、四十物十四役の榊原優希、天国獄役の竹内栄治へ収録直後にインタビューを決行。バラエティ番組に出演してみての感想や『ヒプバラ』の注目ポイント、さらに『ヒプマイ』に対する今後の期待や展望について語ってもらった。

【※記事の最後に、浅沼晋太郎&葉山翔太のサイン入りステッカーのプレゼントあり】

収録前は緊張、収録中は爆笑

ーー インタビュー前に収録を見学させていただいたのですが、みなさんとても楽しそうでした。『ヒプバラ』収録はいかがでしたか? ヨコハマ・ディビジョンのみなさんからお願いします。

浅沼晋太郎(以下、浅沼):初回の『ヒプバラ』がイケブクロとオオサカで、面白くないわけがない組み合わせだったじゃないですか。その後ということで、自分の中ではすごくハードルが上がっていて、最初はとてもプレッシャーを感じていたんですよ。

浅沼晋太郎

 でも、収録が始まると、そんな暇もなく楽しんでしまいましたね。それもこれも神尾さん駒ちゃんはもちろん、「Bad Ass Temple」の3人、MCを務めてくださったパンサーの向井(慧)さんと管(良太郎)さん、そしてスタッフさん全員に「楽しいモノをつくろう!」という空気が出来上がっていたから。あまり肩肘を張ることなく純粋に楽しんでいたので、今思い返すと「これ、視聴に耐えうるものになってるかな?」という心配も(笑)。これを見て、みなさんが楽しんでくださるかどうか……楽しんでくれますように、と願っています。

神尾晋一郎(以下、神尾):浅沼さんが言ったように、演者側が心から楽しんでしまいました。僕、笑うと泣いてしまうんですよ。とにかく全部笑ってしまってずっと泣いていたので、泣き跡を見たメイクさんから「どこで泣いたんですか?!」と言われました(笑)。それくらい楽しくて。

神尾晋一郎

 バラエティという形で「Bad Ass Temple」の3人と絡むこともなかったので、すごい新鮮な気持ちでした。同時に久しぶりに3人と絡めて「そうそう、こんな感じだった!」と思い出しながら、また交流を深められたことへの楽しさもあった。そして、パンサーさんやスタッフさんがすごくいい味付けをしてくださったので、放送が楽しみです。僕らが心から楽しいと思ったということは、見ている人も楽しんでくれるんじゃないかなと思っています。駒ちゃんは?

駒田航(以下、駒田):本当にめちゃめちゃ笑わせてもらいました。スターティングからいたイケブクロ、ヨコハマ、シブヤ、シンジュクの4ディビジョンと、後から追加されたオオサカ、ナゴヤの2ディビジョン。すでに濃密に関わりはあるし、“中の人”同士の仲もめちゃめちゃいいのですが、バラエティという形式で前回はイケブクロとオオサカ、今回はヨコハマとナゴヤと組み合わせを変えて、贅沢なことに毎回違うMCの方に回していただけると。こんな環境をつくってもらえて、存分に楽しませてもらえることが、とても幸せだなと思いました。

左から、駒田航、浅沼晋太郎、神尾晋一郎

 『ヒプマイ』はラップコンテンツですけど、あえてラップを全面に出さずとも「キャストとスタッフのみなさんのチーム全員でこんなおもしろいことができるんだよ」と新しい扉を開けた感覚が個人的にはあって。なので、ぜひ長寿番組くらいになってくれたらいいなという気持ちでいます(笑)。

浅沼:以上、「MAD TRIGGER CREW」から収録の感想をお届けしました!

神尾&駒田:(笑)。

ーー ありがとうございます! ナゴヤ・ディビジョンのみなさんはいかがでしたか?

葉山翔太

葉山翔太(以下、葉山):バラエティ番組は、小さい頃からテレビの中の世界と捉えていました。その中に飛び込ませていただけて、すごく緊張しました……。

 

 でも、パンサーの向井さんと菅さんがMCをしてくださって、竹内さんと榊原くんが同じチームにいてくれて、僕たち新しいディビジョンからしたら本当に大先輩の「MAD TRIGGER CREW」のみなさんがサポートしてくださって……僕自身が本当に楽しくなり過ぎてしまったのですが、視聴者のみなさんには『ヒプバラ』を見て毎日の疲れをぶっ飛ばして一緒に笑ってもらえたらうれしいなと思っています。

竹内栄治(以下、竹内):キャスト、スタッフさんのみんなでゲーム大会をしているような、そういう楽しさがありました。僕もすごく緊張していたのですが、「MAD TRIGGER CREW」の3人やチームメイトの葉山くんと榊原くん、そしてMCのパンサーのおふたりがすごく場を盛り上げてくれたので、だんだん緊張も解れていって。場の空気に慣れていけたかな、という気持ちです。

竹内栄治
竹内栄治

 本当にいろんないい経験をさせていただけているなと思える、すごく楽しい収録でした。またやりたいですね。

榊原優希(以下、榊原):最初はどんな風になるんだろうと思っていたのですが、収録が始まってみたら「なんてあったかいんだ! めちゃくちゃおもしろいし、なんだここは……!」とビックリしながら、全力で楽しみました。

榊原優希

 いろんな形で「MAD TRIGGER CREW」と「Bad Ass Temple」のみなさんと関われて、パンサーのおふたりとも関われて、スタジオの中でわちゃわちゃして。収録していることを忘れてしまうくらいの感覚で楽しめました。それで羽目を外した部分もあるかも……(笑)。視聴者のみなさんにも楽しんでいただけたらいいなと思っています。

浅沼:まさかあそこでズボンを脱ぐとはね……。

神尾:思わなかったですね。さすがにカットになっているとは思いますけどね。

駒田:でもまあ、これも『ヒプマイ』の良さなのかな……。

榊原:今日は勝負パンツだったので、大丈夫だと思います!

浅沼:お見逃しなく!……って誰か突っ込まないと信じちゃう人いるから!(笑)。

左から、榊原優希、葉山翔太、竹内栄治

ーー (笑)。視聴者のみなさんに特に注目してもらいたいポイントを教えてください。

浅沼:どれも注目していただきたいですけど……特に打ち合わせもせず自然とリーダー対決(浅沼&葉山)、二番手対決(駒田&榊原)、三番手対決(神尾&竹内)になったのはおもしろかったですね。あとは何が見どころかな? アフレコ対決?

駒田:再現VTRのアフレコはおもしろかったですね。

浅沼:最後のゲームで再現VTRのアフレコ対決をしたんですよ。僕らが声優であるということを最大限に生かした企画を最後に持ってきたんだろうなと。「さすがスタッフさん」と思いましたね。

葉山:僕は、チーム対決で僕自身がナゴヤを一番信じていたところに注目してほしいです(笑)。

榊原&竹内:僕たちも信じてたよ!

葉山:あれ、本当ですか? 榊原くんはヨコハマのみなさんになびいてましたからね……。

榊原:信じていたゆえにね……!

浅沼:違うんですよ。僕もヨコハマは信じていました。ただ、それ以上に……(レコーダーに向かってなかなかの音量で)『ヒプノシスマイク』を信じているんです!

一同:(笑)。

浅沼:つまりそういうところが竹内くんや榊原くんにもあって、それがうっかり出てしまったんじゃないかな……っていうことでいかがでしょうか(笑)。

葉山:なるほど……ディビジョン愛ではなく作品愛が出たということですね。

でも、どのコーナーも各ディビジョンのチームワークが出ているので、ぜひぜひ注目してもらいたいなと思います。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる