那須川天心に聞く“YouTubeに本気で取り組む理由” 「プライドを捨てて挑んでいます」

那須川天心に聞く“YouTubeに本気で取り組む理由” 「プライドを捨てて挑んでいます」

那須川天心が考える、格闘家YouTuber増加の理由

――格闘技関連の動画でいうと、朝倉未来選手とのコラボ動画も人気ですよね。ファンからは「兄弟みたい」とも言われていますが。

那須川:本当にお兄ちゃんみたいですよね。僕、格闘家の方とあんまり仲良くしないんですよ。でも、未来さんは格闘家、格闘家してない。頭がキレて、客観的な視点から色々なことを考えている。一緒にいると学ぶことが多く、仲良くさせていただいています。

――実際に、朝倉選手とは相性の良さを感じますか?

那須川:どうですかね? マジで真逆な性格なので(笑)。でも、考え方は似てるかな。YouTubeをやってなかったら巡り合えなかった人だと思います。今後も共演していきたいです。

――今後、朝倉選手とはどのようなコラボをお考えですか?

那須川:未来さんとは格闘技以外の企画をやっていきたい。もともと僕のチャンネルは、「バラエティが9、格闘技が1」の割合でやっていくコンセプトですから。

――ドッキリ企画をはじめとした最近の動画では、スタッフの方と親し気にやり取りするシーンをよく見かけます。いわゆる“チーム感”のようなものも大事にしていますか?

那須川:してますね。色々と研究しているので、YouTubeを。今、一周回って「テレビみたいなYouTube」が面白いんじゃないかと個人的には考えています。YouTubeを始める時に、周りからは「編集に凝り過ぎた動画は伸びないよ」とも言われていました。でも、僕自身はテレビっぽいキャラクターで、実際に、そのキャラを活かした動画が伸びているんです。だからこれからも、テレビ感のある企画の中で、スタッフさんとの関係を見せたり、友だちを出したりしていきたいですね。

――YouTubeに対して研究熱心なのですね。

那須川:作戦的にやっています。日本のトップYouTuberであるヒカキンさんやはじめさん(はじめしゃちょー)の動画をずっと見て「どういうところが良いんだろう?」と分析したりしていますね。

――今後コラボしたい相手は?

那須川:今、たくさんの芸能人の方がYouTubeを始められているので、今まで会えなかったような人とコラボできればと思います。あとは格闘技。登録者数、多い少ない関係なく、格闘家の方とはどんどん共演していきたい。もちろん、ボクシング、空手、総合など他競技の方とも。「格闘技は怖くないんだ、こんな親しみやすいんだ」というイメージを、僕の動画で広めていきたいですね。

――芸能界もそうですが、格闘技界でも空前の“YouTubeブーム”が起きています。格闘家YouTuberが増えている理由は何だと思いますか?

那須川:格闘技って伸びやすいんですよ。人と人とが戦う動画は、男の子を中心にウケが良いですからね。だけど、伸びてる人と伸びてない人がいる。だから、やっぱり戦略的にやっていかないとダメなんだと思いますし、“格闘家”のままでやってもあまり良くないんだと思います。もっと素を出す。そして、プライドを捨てる。僕もプライドを捨てて撮影に挑んでいます。だって、YouTubeをやってなかったら、僕って怖い人みたいなイメージしかないじゃないですか(笑)。

――戦略的という意味で、格闘技と通じるものがありますか?

那須川:ありますね。戦略は本当に大事だと思います。やっぱり考えてやらないと、何事も良くならないし、それに伸びない。このタイミングにこれをやるとか、視聴者が観たいものは何なんだろうかとか、常に考えを巡らせています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる