K-1王者がYouTubeで喧嘩自慢の地下格闘家を撃退 “朝倉未来メソッド”の動画が拡大中

 スパーリングのゴングがなると、久保はこの宣言が単なるビッグマウスではないことを証明する。久保はスパーの前に「プロでも僕に対して顔面にパンチを当てることは難しい」とも話していた。その言葉通り、ほとんどノーガードの状態で、相手のパンチを巧みにかわし、顔面に一撃ももらわない。

  もちろん、避けてばかりではない。フェイントを入れて強烈なレバーブローを見舞い、右へのボディをエサにやや空いた左わき腹を狙ってミドルキックを食らわしてダウンを奪うなど、幼稚園児のコスプレを身にまといながら、圧倒的なオフェンススキルを見せつけた。コメント欄には「最近の幼稚園児ってこんなつえーの?」「強くて当たり前よな…さすが久保選手」「久保さんには相手のパンチとかキックどんな風に見えてるんやろう…本当に強すぎ」など、称賛の声が相次いでいた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる