クワガタが絵を描く!? 海外で話題の“衝撃的な虫チャンネル”

クワガタが絵を描く!? 海外で話題の“衝撃的な虫チャンネル”

 虫は好きかと尋ねると、「大好き!!」から「カブトムシとかは平気だけどゴキブリはちょっと……」「虫なんて見るだけで鳥肌が立つ」まで様々な反応がある。その度に好き嫌いはあっても、虫に全く無関心な人間は少ないと実感する。

 今回紹介するのは、そんな虫たちをメインにフィーチャーしたYouTubeチャンネル「インセクトハウスTV」だ。

 クワガタがハサミで筆を握り、絵を描く「本物のクワガタが一緒に絵を描く」は海外のWebメディアでも話題になった。

使い終わった筆を回収されるクワガタ(本物のクワガタが一緒に絵を描くより)
床一面に広げられた紙の上で二匹のクワガタが描いた絵。抽象画のように見える(本物のクワガタが一緒に絵を描くより)
床一面に広げられた紙の上で二匹のクワガタが描いた絵。抽象画のように見える(同)

 他にも牛にヘラクレスオオカブトを見せる回(牛、世界一大きなカブトムシに会う)、レモンとザクロを交配させて新しいフルーツを生みだす回(ザクロとレモンをかけあわせる!)などユニークな企画の動画もあるので、そちらも合わせてチェックしてみると楽しい。

 インセクトハウスTVはドイツのブリーダー、エイドリアンによって運営されている。彼の熱狂的な虫愛はプロフィールを見るだけで十分伝わってくる。

顔に巨大ナナフシをはべらせるエイドリアン。YouTubeやInstagramにもよく顔に虫を乗せている様子をアップロードしている(インセクトハウスTVの概要欄より)
顔に巨大ナナフシをはべらせるエイドリアン。YouTubeやInstagramにもよく顔に虫を乗せている様子をアップロードしている(インセクトハウスTVの概要欄より)

 先述したような独創的な動画もあるが、多くの動画が1~5分以下で、BGMもテロップもなしのシンプルな構成で虫を紹介している。チャンネル開設以来、ひたすら虫(と時々植物)をアップロードし続けてきた。あまりにも硬派な動画構成に、昨年アップロードされた、視聴者の質問に答える回タイトルが「初めての普通の動画」だったほどだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる