Travis Japanの優等生・川島如恵留が無音ダンス企画で見せた人間味 さらに深まるグループの“やさしい世界”

 ジャニーズJr.の人気ユニット、Travis JapanがYouTubeチャンネルにて『【無音ダンス】「Lock Lock」音楽なしでシンクロできるか?』をアップした。

Travis Japan【無音ダンス】「Lock Lock」音楽なしでシンクロできるか?

 “無音ダンス“とは、 音楽がない無音状態で誤差なく踊り、シンクロ率100%を目指すというもの。これまでもHiHi Jetsや美 少年もチャレンジしたジャニーズJr.の恒例企画だ。

美 少年【無音ダンス】音楽なしでも踊れます!
HiHi Jets【無音ダンス】バラバラで踊って合わせられるか!?

 Travis Japanは、これまで数え切れないほどのジャニーズ舞台を彩ってきた実力者揃い。マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』の振付師を務めたことで有名なTravis Payneから受けたユニット名に恥じない高いダンススキルを誇る。そんな彼らがオリジナル曲「Lock Lock」で挑む無音ダンス、期待せずにはいられない。

 リーダーの宮近海斗が、スタッフと共に不安視しているのは、先日SixTONESとのコラボ動画『ダンスしりとりでガチバトル』でシンプルに振り付けを間違えた松倉海斗。

Travis Japan【SixTONESコラボ第2弾】ダンスしりとりでガチバトル

 そんな当時の松倉の様子を真似して茶化す松田元太を見て、吉澤閑也は「元太が一番あぶないじゃん」と予想。というのも、日頃から松田は周りの動きに合わせて踊るというクセを見抜いていたからだ。この鋭い指摘に松田も「そう思う」と何も言い返せない様子。

 さらにTravis Japanの優等生・川島如恵留の肌感覚では先走りやすいイメージだと、中村海人が危ないと予想。すると、川島と長い付き合いの七五三掛龍也が「海人は本番だと遅どりな気がする」と補足していく。その様子は、普段からお互いの動きをよく見ていることが伺える。

 さらにチャレンジ前の1人ひとりの個別コメントでも、Travis Japanであるプライドが見え隠れ。果たして、どのような展開になるのか。ここから先はネタバレを含むので、ぜひ動画を見てから戻ってきてほしい。

 無音ダンスチャレンジを終えた一同は、いざその映像を確認してみることに。すると、ほぼズレることなく踊りきったメンバーが。それは、踊り終えた後に誰よりも自信なさげな表情を浮かべていた吉澤だ。

 最近ではジャニーズ事務所に入る前からダンスを習ってきたというメンバーが多いが、吉澤は入所と同時にダンスを始めたという。そんななか「ダンスといえば」と称される、Travis Japanの一員として活動を続けてきた努力の人。現在では、振り付けを担当するほどにそのスキルを伸ばしてきた。その実力が、今回明らかになる結果に。

 また、笑いを誘ったのは冒頭で予想されていた松田、中村の不安要素が的中したこと。松田は先へ先へと突き進みカメラにもどんどん近づいていく。一方、中村は大幅にペースダウンし、他のメンバーが次々に踊り終えてキメのポーズを見せていくなか、静かに踊り続ける。

 ハイペースとマイペース、いずれも我道をいくタイプの2人ならではとも言える。そんなグループで踊っているときには見えにくい、そうした個性が垣間見えるのも、この企画の醍醐味だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる