HiHi Jets髙橋優斗、恐怖のドッキリ動画で見せた愛すべき人間性 震えながら守った“約束”

 人気ジャニーズJr.のHiHi Jetsが、YouTubeチャンネルにて『【初ドライブ企画!?】のはずが…ドッキリで笑けた』をアップした。今のご時世、なかなか遠出をすることが難しいということで、5人は室内ドライブをすることに。

HiHi Jets【初ドライブ企画!?】のはずが…ドッキリで笑けた

 室内ドライブ企画とは何なのか、メンバーも全くわからないまま、とりあえず「3密」を避けるべくチーム分けをすすめる。念の為、運転免許の有無を考慮して、(1)橋本涼・猪狩蒼弥、(2)井上瑞稀・作間龍斗、そして(3)髙橋優斗の3チームに分かれることに。

 もともと5人グループなのだから、3チームに分ければ、誰かが1人になるのは明白。「1人喋りが得意」というトーク力を買われて髙橋が1人になったのだが、その裏には「一番ビビリ」であるというスタッフの狙いがあった。そう、実は今回の本当の企画は『室内ドライブインお化け屋敷』だった。

 ドッキリで思い切りビビらされることになるなんて、一切気づいていないメンバーたち。以前の動画で「差し入れ罰ゲーム」を課されていた作間は、自腹で購入したというかき氷機を持参し、メンバーにふるまうと提案。待機場所での平和すぎる「かき氷タイム」と、ドライブ体験施設での「絶叫タイム」のコントラストが、この動画の大きな見どころになっている。

 “これは単純に楽しいドライブではない“そう気づいたのは、最初に待機場所から出発した橋本・猪狩チームだ。外に出た瞬間、スタッフからアイマスクを渡され「怖いんだけど」と焦りだす2人。案内されたのはガレージに止めてある車。アイマスクを外した瞬間「心霊スポットでクラクションを鳴らすと、この世あらざるものが呼び起こされると言われています」のアナウンスが。

 そのフレーズですべてを察した2人は「ちょっと何何何?」「ふざけんなよー!」と大暴れ。だが、車の外に出ることは許されない。暗闇の中、車内に流れる怪談。さらに、窓を叩く女の姿が! 次々と繰り広げられる恐怖体験に2人は叫びまくり。女を追いかけてきた鉄パイプの男が「あの女はどこへ行った?」とまくしたてるとすぐさま後ろを指差してしまう。女に「絶対に言わないで」と言われたのに、だ。次第にゾンビが大量して、さらに2人パニックに。

 「ぎゃーーー!」と橋本・猪狩が肝を冷やしているとはつゆ知らず、待機所ではのんきに冷たいかき氷で味当て大会を楽しむ井上・作間・髙橋。橋本と猪狩は、ソンビの方々にお礼を言うと「次は2倍でお願いします」と念押し。待機所に戻っても、「何も知らない状態で行ったほうが面白いかも」「思い描いてるよりすごかった」とさも楽しいドライブだったかのように話していく。

 ワクワクした表情を浮かべて次に出発した井上・作間は、最初こそふざける余裕を見せていたが、わずかな物音にも「ヤダ、ヤダー」「最悪!」と大騒ぎ。「あの女はどこへ行った?」の展開にも、目を泳がせるばかり。途中から、キャパオーバーになったのか放心状態に。恐怖体験を終え、「1人だったら死んでた……」と口を揃える2人。そう、トリを務めるのは髙橋ただ1人なのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる