米国でリモートワークに賛否 生産性向上も「経済都市の解体」招く可能性

米国でリモートワークに賛否

ニューヨークの未来を危惧する不動産会社が大手企業に圧力

 JPモルガンのオフィス復帰の背景には、ビル所有者からの圧力も関係しているかもしれない。米不動産会社「Related Companies」のCEO、Jeff Blau氏は、『Bloomberg』のインタビューで、「ニューヨークにオフィスを構える各社のCEOたちに、社員をオフィスへ呼び戻すよう強く働きかけている」と語った。企業のオフィス離れによって、不動産の所有者らに莫大な損失が生まれているからだ。同氏は、「このまま社員を戻さずに、米国最大の経済エンジンを再起動させなければ、街は二度と元に戻らないかもしれない」とニューヨークの未来を危惧している。

 ただ、いくつか明るい兆候も見られている。8月には、Amazonがニューヨークを含む6都市での事業拡大を発表したほか、Facebookが6万5千㎡を誇るFarley Post Office(ジェームズ・ファーレー郵便局)の再開発にリースするなど、ニューヨークのオフィス市場に大きなインパクトをもたらした。

 しかし、未だ多くの社員がリモートワークを継続している状態だ。8月に行われたニューヨーク市のビジネスグループによる調査によると、市内の大手企業の従業員で、オフィスに復帰したのはわずか8%だという。失業率の上昇から市の治安は急速に悪化しており、これも社員のオフィス復帰を阻む原因となっている。依然として不動産オーナーの悩みは尽きないようだ。

 リモートワークに対する見解は様々で、より長期的な観察が必要だろう。各社CEOは、社員の生産性やコストパフォーマンスに加えて、都市に与える影響をも考慮しなければならないようだ。

(画像=Pexelsより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://www.inc.com/bill-murphy-jr/bill-gates-says-this-1-employee-perk-is-most-important-now-a-new-harvard-study-backs-him-up.html
https://therealdeal.com/2020/09/10/jpmorgan-is-calling-employees-back-to-the-office/
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-09-14/at-jpmorgan-productivity-falls-for-younger-employees-at-home



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる