iPhone 12 Pro Maxのカメラの画像品質は、あらゆるAndroidスマホの上をゆく?

iPhone 12 Pro Maxのカメラの画像品質は、あらゆるAndroidスマホの上をゆく?

 iPhone 12上位モデルは、カメラ部分が大幅にアップグレードされると言われているが、海外メディアは「Android勢より上回っている部分がある」との報道が目立っている。

キラーアップグレードで別の方向に

 『Tom’s Guide』は「iPhone 12のリークでキラーアップグレードが明らかに」という見出しを打っている(参考:https://www.tomsguide.com/news/iphone-12-leak-just-revealed-killer-upgrade-and-it-beats-all-android-phones)。

 記事の内容は、iPhone 12には7Pカメラレンズが搭載されており、Androidスマホはそれを追いかけることになるかもしれない、というもの。Samsungは108MPカメラやGalaxy Note 20 Ultraの強力な50倍ズームを誇っているが、AppleはiPhone 12のカメラで別の方向に進んでいる模様だ。

 AppleがiPhone 12ラインナップに7Pレンズモジュールを採用していると『DigiTimes』は伝えている。7Pレンズ(7つの光学素子)の利点は、光の透過率を上げることで画質を向上させることだ。現行iPhone 11 Proは、超広角カメラに5Pレンズを使用し、広角カメラと望遠カメラに6Pレンズを使用している。

 さらに、6.7インチのiPhone 12 Pro Maxは、センサーシフト・テクノロジー対応の1/1.9インチの7P広角レンズを備えているという。以前のリークでは、iPhone 12の12MPセンサーは、より大きくなり、より多くの光が入ると言われている。

 そして、iPhone 12 ProモデルはLiDARセンサーを搭載し、オートフォーカスと低照度のパフォーマンスを改善し、ポートレートのクオリティーが向上する。

 残念ながら、iPhone 12 Proには2倍または3倍の光学ズームしか搭載されていないと噂されている。しかし、全体的な画像品質の面では、Appleは競合他社よりも優位に立つことになるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる