『今日好き 金木犀編』第1話ーー継続メンバー多数のなか、元ラスアイメンバーも

『今日好き 金木犀編』第一話レビュー

 最後は、ふうたとみらいによる注目のツーショット。他ペアとは異なり、先程の赤色の花を大事そうに手に持っている2人は、『夏空編』からしばらく時間が経ち、以前よりもお互いを大切な存在として意識しているように思える。そんな彼らが選んだのは、カップルの定番アトラクションこと観覧車。そのなかでは、みらいから第一印象で気になる相手を尋ねられた際、「気になるというか……知りたいみたいな人……お隣に」と、彼女に想いを寄せ始めていることを暗に示す。するとここから、下の景色を覗き込んだ際に、お互いの距離が意図せず急接近! 観覧車のなかの胸キュンゲージが一気に急上昇していく。

 極め付けには、これからお互いを呼び捨てにすることを約束したり、気軽にグータッチを交わすなど、みらいから「友達か」と言われたことに対して、ふうたが「それはイヤですよ」とまっすぐに意見を述べたりと、前回からの成長を見せたふうた。それに対して、みらいが「え、ん?」とふいを突かれ、彼の自分への向き合い方が変わりつつあることに気づく瞬間は、まさに甘酸っぱい青春模様だった。

 第1話終盤には、『青い春編』で佐久間美波(みなみ)とカップル成立を果たしながらも、残念ながら別々の道を歩むことになった永江梨乃(りの)が追加メンバーとして参加。すると間もなく、ふうたをツーショットに誘う予期せぬ展開が巻き起こる。9名の恋が大きく動き出す光景に、全員が「きたぞ〜!」というドキドキ顔を覗かせていた(そのなかでも「大丈夫だよ!」と、みらいをすかさず励ますけいしはやはり男前だった……)。

 今回の告白を男女どちらからするのかを含めて、まだまだ先行きが読めない今回の『金木犀編』。他シーズンと比べて、最近は大人しめなツーショットも多かったわけだが、今シーズンはツーショット中のみらいが別の男子から誘われるなど、まさに恋の駆け引きといえるシーンを数多く目撃できそうだ。『今日好き』で過ごす2泊3日は、“安定”と思えてもそれは移ろいゆくもの。ここから始まる9名の恋の修学旅行は、夏の熱気をもう一度呼び戻すほど、盛り上がる未来が待っているに違いない。

■一条皓太
出版社に勤務する週末フリーライター。ポテンシャルと経歴だけは東京でも数少ないシティボーイ。声優さんの楽曲とヒップホップが好きです。Twitter:@kota_ichijo

■番組概要
『今日、好きになりました。金木犀編』
放送日時:毎週月曜 夜10時~夜11時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
配信はこちら
(C)ABEMA



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる