『今日好き 金木犀編』第1話ーー継続メンバー多数のなか、元ラスアイメンバーも

『今日好き 金木犀編』第一話レビュー

 「僕と一緒に次の旅、一緒に行きませんか?」という、夏の海辺で交わした“あの約束”から約一カ月。酒寄楓太(ふうた)と横田未来(みらい)は、前シーズン『夏空編』からの継続メンバーとして再会を果たす。すると間もなく、ふうたがみらいの“ある変化”に気付く。なんと、みらいはエクステを施して髪型を変え、ポニーテールにしてきたのだ。彼女曰く、「ポニーテールが好きって言ってたから」と、ふうたが以前に話した内容を覚えていたからとのこと。その言葉を受けて、ふうたは笑みを堪えながらも、「かわいい〜!」という想いを全身から溢れ出させていた。が、みらいはその想いを貫くことができるのかーー。

 というのも、今回の旅に集まったのは、男子4名と女子4名の全8名なのだが、みらいは男子全員から男子印象で想いを寄せられる人気ぶりなのである。間違いなく、一波乱も二波乱もあると思われる。なお、女子からの人気メンバーは、こちらも『夏空編』で大活躍だった“爽やか真っ直ぐボーイ”こと三島啓史(けいし)。みらいを除く女子3名からの矢印が向いている。ほかにも、『紫陽花編』からは羽方るな(るな)が参加したりと、継続メンバーが半数を占める今回の『金木犀編』。画面の向こうにいた憧れのあの人が目の前に……!という“今日好きマジック”は、今シーズンでも発動しまくってしまうのだろうか。

 ここで初日のプログラムが明かされる。まずは、男女2人ペアを組んで貸切の遊園地を巡ることに。その組み合わせは、4色の花を引く恒例のくじ引きで決まるという。これまでの『今日好き』を踏まえるに、初日は全員が親睦を深める時間と考えられてきただけに、序盤からこういったグループ分けが発生するのはレアケースといえる。今後の恋の運命を左右しかねない重要な局面なだけに、ふうたを追いかけてきたみらいをはじめ、全員がごくりと固唾を飲んでいた。

 くじ引きは、男子全員が一斉に花を選んだ後、女子が順番に4色それぞれの花を引いていくことに。まずは、るなが永塚兼慎(けんしん)、西綾乃(あやの)がけいしとペアを組んでいく。残る花は2本。うち1本は、ふうたとペアになれる赤色の花だ。みらいとしては、何としても赤色の花を引き当てたいところだが……。

 ふうたが心配そうに見守るなか、『今日好き』の神様が微笑んだのは……みらい! 見事に赤色の花を引き当てると、ガッツポーズで喜びを表現。自分からこの旅へと誘っているだけに、ふうたもほっと一息だ。なお、もう一方のペアは赤羽流河(りゅうが)と、ラストアイドルの元メンバー・猪子れいあ(れいあ)になった。

 遊園地に到着すると、それぞれが思い思いのアトラクションへと足を運ぶ。けいしとあやのは、ジェットコースターに乗ることに。絶叫系が苦手だというけいしは、乗車前から顔が強張りっぱなしだが、「ガチ頑張ろう! お互い同じ想いだよね」と、その緊張を共感に繋げるという流石の爽やかさだ。

 また、その後のツーショットでは、お互いの第一印象の相手を打ち明け合ったのだが、あやのがくじ引きで自身を引き当てたシーンを振り返り、「運がきたなと思った」と一言。それに対して、あやのが「ね!」と返すと、「あれ? ということは……」と、妙に冴えているこの日のけいし。そんな彼を前にあやのも照れてしまうなど、お互いにいい雰囲気に包まれたひと時となった。

 けんしんとるなは、空中で一回転する「ルーピングスターシップ」に挑戦。シャイな印象ながらも、少年のようにキュートなハニカミを持つけんしんだが、そんな彼をるなは早くも意識しだした様子。「めっちゃかわいいです!」「もっと喋りたいなと思いました」と、そのかわいさに太鼓判を押していたほか、けんしんもまた、気になる相手としてるなが加わったという。一方、りゅうがとれいあもコーヒーカップに乗った後、ツーショットで仲を深める……のだが、お互いに意中の相手が異なっていたため、「気軽に相談できそう」という方向に。ここは友人関係にとどまるようだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる