手越祐也がYouTubeで見せる“底抜けの明るさ” ファン以外の視聴者も魅了するカリスマ性に迫る

 タレントの手越祐也が7月13日、自身の公式YouTubeチャンネル「手越祐也チャンネル」で行きつけのジムでのトレーニング風景を公開した。

【驚異のポテンシャル】アスリート並みのトレーニングを喋りながらこなしてしまう男

 「【驚異のポテンシャル】アスリート並みのトレーニングを喋りながらこなしてしまう男」と題した動画にで手越は、週3~4回通っているというお気に入りのジムを訪問。普段取り組んでいるトレーニングメニューを紹介すると言い、「みんなトレーニングしようぜ! 健康で行こうぜ!」と元気よく呼びかけた。

 ストレッチをしている最中、左足首に彫られたタトゥーが露わに。そのことをスタッフから突っ込まれると、手越は「TATUね。タトゥー。TATTOOだけどね、ほんとは(笑)」とあっけらかん。モチーフをバラにしている理由として「俺、バラ好きだからさ。バラってかっこよくない?」と無邪気に語り、スタッフから「結構、低めの理由だよね」とツッコまれると、「人生ノリだからさ、俺」と明るく笑った。

 このように、陽気なノリでトークを繰り広げる手越だが、いざ、トレーニングに入ると表情は一変。真剣な眼差しで黙々とメニューをこなしていく。


 「トレーニングって俺の中では、半分メンタルトレーニングなんだよね。きついってわかっててもいかなきゃいけないから、バンジーみたいな感じ。身体を鍛えているようで、心を鍛えているみたいな感じ」と手越。続けて、「俺が珍しく落ち込んでいる時が4~5年前にあったの。そんな時に同級生のサッカーの内田篤人が『つらい時こそトレーニングしよう』と言われた。『心がつらい時こそ自分を磨くべき』って。『なるほど、さすが、篤人だな』って思った」と振り返った。

 しかし、スタッフから「今、心を鍛えなきゃいけないからね」と諭されると、手越は「なんでやねん!」と一蹴。胸を手で叩きながら、「誰よりも心強いわ!」と、あくまでも“手越節”を貫いていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる