手越祐也にアンジャッシュ児嶋一哉……今後が気になるタレントYouTuberが続々誕生

 有名タレントのYouTuberデビューが相次いでいる2020年、新たなチャンネルをピックアップするとともに、その方向性や内容を検証する本企画。この1週間前後でも、今後が気になる手越祐也や児嶋一哉をはじめ、北原里恵、武田真治など個性的なチャンネルが開設された。

松尾太陽「松尾太陽」6月23日デビュー

夜に駆ける / YOASOBI – 松尾太陽【The Cover】

 人気ダンス&ボーカルグループ・超特急のタカシこと松尾太陽(たかし)が、公式YouTubeチャンネルを開設した。同日、さっそく動画がアップ。YOASOBIの「夜に駆ける」、Official髭男dismの「LADY」をアカペラでカバーし、色気漂うムーディーな歌唱を見せている。また、今年9月にはソロデビュー初となる豪華クリエイター陣を迎えたミニアルバム『うたうたい』も発売予定で、そのティザー映像も公開された。今後、どんな彼の歌の世界を見せてくれるのか。動画の公開を待ちたい。

手越祐也「手越祐也チャンネル」6月23日デビュー

手越祐也 緊急記者会見

 ジャニーズ事務所を退所し、報道と今後の活動についての記者会見を、ライブ配信する形でYouTubeデビューを果たした手越祐也。その動画は、960万回再生されるほど話題となった。

 2本目の動画では、この会見の舞台裏を公開。会見前でもリラックスした様子で、楽屋でもカメラマンと終始にこやかな笑顔で会話する。会見後、舞台から楽屋に戻るまでノーカットで撮影。その後はすっきりとした様子だが、時折まじめな表情で「辛辣な意見があるのは覚悟していたし、それは僕も受け止めながら、でもやっぱり真実は僕が知っているわけですから。ちゃんと起こったこと・あったこと・思ったことは言えたかなぁ」と話した。それから、「応援してきてよかったなと思う活動をしていかなきゃいけない」とファンに対する思いを続けた。

 今後は、動画で具体的な彼の活動に迫っていくのだろうか。彼の新たな活動から目が見逃せない。

北原里英「きたりえチャンネル」6月24日デビュー

はじめまして、北原里英です。

 女性アイドルグループAKB48、SKE48、NGT48の元メンバーで、女優の北原里恵が自身の29歳となる誕生日にYouTubeデビュー。挨拶動画では、「自分発信の新しいチャレンジをしてみたい」とチャンネル開設の理由を話した。また、「30歳は大きな節目だと思うので、20代にやり残したこと、やっておきたいことを記録に残したい」とも話した。

 最後は、“自分で作った”という「予告編」の映像も流した。彼女の人柄を表したかわいらしい映像が、センスを感じさせる。

 27日には、スパイスだけを使って作る「スパイスカレー」の料理動画をアップ。定番のチキンカレーに挑戦した。前回作ったときには“飴色たまねぎ”を真っ黒に焦がしてしまったようだが、今回はなんとか成功。

 その後、チリパウダー、パプリカパウダー、ターメリック、コリアンダーと数種類のスパイスを使い、手作りのスパイスカレーが完成。今後もさまざまなことに挑戦する姿が期待される彼女の、20代最後の一年を見守っていこう。

忌野清志郎「忌野清志郎 Official Channel」6月24日デビュー

2020.6.24発売 忌野清志郎 – COMPILED EPLP~ALL TIME SINGLE COLLECTION~Teaser

 「僕の好きな先生」 「雨あがりの夜空に」 「スローバラード」 「い・け・な・いルージュマジック」など数々のヒット曲を生み出したロックバンド、RCサクセションのボーカル・忌野清志郎。いまなお日本のロックを象徴する存在である彼のデビュー50周年を記念し、公式のYouTubeチャンネルが開設された。

 続々とミュージックビデオが公開されており、他界から11年を経てのチャンネル開設に、ファンからは喜びのコメントが寄せられている。3月には、RCサクセションのデビューシングルからラストシングルまで収録したシングルコレクションがリリースされた。今年一年、彼の力強いメッセージが世の中に鳴り響きわたる、“清志郎イヤー”となりそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる