次世代のMacBookは“折り曲がる”? Apple特許から推測

次世代のMacBookは折り曲がる?

バーチャルサウンドを移動させる、異次元の音響

 2018年の特許は、Appleがバーチャルサウンドをリスナーから遠ざける特殊なシステムに取り組んでいることを示唆している。それは「クロストークキャンセラー」という特許で、音をラップトップの左右や背後に移動させて、あたかも音が離れた所にあるような感覚を与える方法にも触れている。これにより、例えば、誰かが向かって歩いて来る効果音を作れるようになるという。このMacBookで觀る映画は、実に特別な体験になるに違いない。

iPhoneのワイヤレスチャージャーを内蔵

 iPhoneのワイヤレスチャージャーをMacBookに内蔵するという特許もあるが、双方の製品に相乗効果が期待でき、これは実現可能性が高いかもしれない(参考:https://www.patentlyapple.com/patently-apple/2020/05/apple-has-won-a-macbook-patent-that-introduces-new-finger-sensing-keys-a-built-in-iphone-charger-and-more.html)。

 Appleは、他にも数多くの特許を取得している。それには、競合他社に先んじてイノベーションを制するという意図もある。したがって、必ずしも取得した特許が全て実際の製品で採用されるわけではない。

 しかし、そのような革新的な製品をつくる特許をAppleがもっていることだけは確かだ。近い将来、この夢のようなMacBookを当然のものとして、私たちが使用する時代が訪れるかもしれない。

■Nagata Tombo
ライターであると同時にIT、エンタメ、クリエーティヴ系業界にも出入りする。水面下に潜んでいたかと思うと、大空をふわふわと飛びまわり、千里眼で世の中を俯瞰する。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる