本田翼がゲームを開発中ーー過去にはビートたけしやラルクも通った“著名人とゲームの歴史”

 「女優の本田翼がゲームを開発中」

 そんなセンセーショナルなニュースが世をにぎわせたのは、6月13日のことだった。界隈ではゲーム好きの芸能人として広く認知されている彼女。本業と遠い分野での意外な挑戦は、どのような結果へとたどり着くのだろうか。

 本記事では本田翼のゲーム開発挑戦というトピックを入り口に、著名人とゲームカルチャーの歴史を掘り下げていく。彼女の挑戦はその歴史に1ページを刻めるか。動向を注視したい。

本田翼がゲーム開発に挑戦。サプライズ発表の経緯

 今回話題となったのは、6月13日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』での一幕だ。この日の放送ではゲーマーで知られる本田翼をゲストに迎え、同番組MCでゲーム初心者のマツコ・デラックスが『あつまれ どうぶつの森』や『マリオカート8 デラックス』といった人気タイトルをプレイした。番組後半には本田翼がゲーム開発に取り組んでいることをカミングアウト。これが各方面でトピックに取り上げられた格好だ。

 番組内で彼女は、「空から“ダダダダダ”って人を撃てたら面白い」「マツコさんのようなゲーム初心者の方でも楽しめるレベルを基準に」「2021年の春前に発表できれば」と、具体的な内容やリリース時期にも言及。マイクロソフトの協力を受けながら、フルスクラッチで制作に臨んでいる旨を明かしている。

 本田翼がゲーム制作に乗り出すきっかけとなった出来事については、2019年2月にさかのぼる。『LINEモバイル』の記者発表会で「2019年の3つの抱負」を尋ねられた彼女は、「英語の勉強(1位)」「朝活(3位)」と並ぶ2位に「ゲーム開発」を挙げ、制作に対する高い関心を示していた。この発言を耳にしたマイクロソフトが夢を応援する目的で彼女に声をかけ、願いが叶う運びとなったようだ。

 番組放送後の両者の発言によると、2019年の6月ごろから話し合いがスタートし、10月に開発が本格始動。現在はキャラクターを動かして実際にプレイできるところまで進行しているという。リリース時期は番組内での発言どおり、2021年春となる予定。より多くのプレイヤーに遊んでもらいたいという想いから、対応プラットフォームはスマートフォンとなる。

 本田翼は、原案、システム設計、キャラクターデザイン、シナリオなど、幅広い領域を担当。宣伝のためのアイコンではなく制作の中心人物として、高い熱量を持って夢のゲーム開発へと向かっている。

ゲーム好き芸能人として有名な本田翼

 本田翼と言えば、ゲーム好きの芸能人としてあまりにも有名だ。2018年9月には好きが高じ、配信をおこなうためのYouTubeチャンネル『ほんだのばいく』を開設。これまでに『Dead by Daylight』や『Apex Legends』、『Overcooked 2』など、さまざまな人気タイトルの実況に挑戦している。

 2020年7月9日現在のチャンネル登録者数は、およそ208万人。これは並み居るYouTuberのなかでも上位にランクされる数字だ。アーカイブを残さない方針で運営されているため、現在観られるコンテンツは限られているが、なかには1,000万再生に届きそうな動画もあるなど、彼女の人気とゲームへの造詣がうかがえるYouTubeチャンネルとなっている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる