PS5やXboxを超えるゲーム機、まさかのケンタッキーフライドチキンが発売? チキンを温める機能も搭載

PS5やXboxを超えるゲーム機、まさかのケンタッキーフライドチキンが発売? チキンを温める機能も搭載

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のPlayStation 5が2020年の年末にリリース予定で、Microsoftが同時期に発売する家庭用コンソールXbox Series Xとの競争が加熱している。しかし、ここに来て、新たなライバルが出現した模様だ。

 そのライバルとは、なんとファーストフード大手のケンタッキーフライドチキン(KFC)。「KFConsole」なるコンセプトを発表し、Twitterアカウント『KFC Gaming』は6月13日、その動画をツイートしている。

冷却すべきはずのゲーム機を、加熱する仕様とは?

 これを受けて『Slashgear』は、このコンソールの仕様について報じている(参考:https://www.slashgear.com/kfc-teases-4k-gaming-console-concept-with-built-in-chicken-warmer-15624884/)。

 ビジュアルはKFC実店舗でよく見かけるバケツ型の容器のような形状をしているが、スペックは「Zinger製プロセッサ内蔵」「クロック周波数は11Ghz」「ストレージ容量は2TB」「最大4K解像度および120fpsでの描画」「クロスプラットフォーム対応」と、もはや敵なし。さらに、独自の機能として、チキンを温める「チキンチャンバー」を内蔵しているという。

 同メディアは、KFCが以前にドローンのKFO(ケンタッキー・フライング・オブジェクト)、ビットコイン・バケット等、数々のギミックを発表していると指摘。今回も流行りのバズワードとケンタッキーをかけ合わせた、プロモーションの一環の可能性がある。

 ちなみにKFCは、UFOならぬKFOを本当に実現させているが、KFConsoleの実現可能性は、あるのだろうか。現在のテクノロジーの常識では、ただでさえ熱を帯びるとパフォーマンスの落ちるゲーム機に、加熱が主な機能のオーブングリルがついているというのは、非現実的に映る。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる