BTSのオンライン動画が活発化 「早さ」と「定期配信」に重きを置いた強みを考察

 今年2月から日本を全世界40公演以上が予定されていた『BTS/BTS MAP OF THE SOUL』ツアーが新型コロナウィルスのパンデミックにより見通しが立たない状態であるBTS。6月14日にソウルからの生配信コンサートである『BANG BANG CON The Live』が予定されているが、国境を超えた移動が困難になった昨今、今まで以上に活発にオンラインコンテンツを更新している。

 BTSは元々、デビュー前から積極的に動画コンテンツをオンラインで公開し、ファンとの交流を深めてきた。2012年に開設されたYouTubeチャンネルは、現在では3000万人以上登録者数を記録している。一般的なKPOPグループのチャンネルが公開しているMVや振付練習動画、アルバム制作や音楽番組などのビハインドは勿論、FM06.13のようなウェブラジオを模したプログラムや、細かい仕事の未公開や舞台裏映像、メンバーのジョングクが撮影・編集した動画『Golden Closet Film』シリーズなど、膨大な数の動画コンテンツを残している。

 新型ウィルスの影響が出始めて以降は、logシリーズという、メンバーの趣味や楽曲制作風景など日常にフォーカスしたいわゆるVLog的なものに加えて、次のアルバム制作風景などもアップされるようになった。直近では6月13日のデビュー記念日に向けたお祝いウィークである「FESTA」の一環として、サイパンでの過去のサマーパッケージ撮影ビハインドや、2018年の『MAMA』の練習動画などがアップロードされたばかりだ。

[2020 FESTA] BTS (방탄소년단) ‘Airplane pt.2’ (Summer ver.) @ 2018 SUMMER PACKAGE in SAIPAN

 BTSの動画チャンネルで最も歴史があるのはYouTubeだが、KPOPアイドルのファンにとって欠かせないもう一つのチャンネルは、韓国のNAVERが運営しているV LIVEである。こちらではMVなども公開されているが、主に生配信コンテンツ(実際の生放送ではない場合もあるが、リアルタイムで配信される)がメインの動画サービスで、ニコ生の様にリアルタイムコメントにより視聴者とのコミュニケーションを取ることができる。日本では、NAVER参加のLINEが運営するLINE LIVEと、一部のコンテンツを共有している。2015年に始まったこのサービスにより、新曲リリース瞬間をリアルタイムでファンと共有するプログラムや、コンサート中の世界各地の滞在地からライブ当日夜に生配信をしたり、メンバー個人がそれぞれ独自に生配信をしたりということが可能になり、より世界中のファンたちとリアルタイムで時間を共有することが可能になった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる