キスマイ玉森裕太&藤ヶ谷太輔、「キスマイ監き~ん」に初挑戦 疲労のあまり大先輩にも容赦なし?

キスマイ玉森裕太&藤ヶ谷太輔、「キスマイ監き~ん」に初挑戦 疲労のあまり大先輩にも容赦なし?

 Kis-My-Ft2の冠配信番組『キスマイどきどきーん!』(dTV)の第60話が、3月27日に配信された。今回のキスどきは、「キスマイ監き~ん」と「22世紀の新・罰ゲーム審議会~再検討会議~」の2コーナーだ。

 早速始まったのは、極限状態に陥った人間がどうなるかを観察する「キスマイ監き〜ん」。今回、館に来たのは、初挑戦となる藤ヶ谷太輔と玉森裕太。いつもなら3人でチャレンジするが、今回は2人でのスタートとなった。

 企画内容を全く知らない2人は「どういうこと?」「なにこれ?」と戸惑いを隠せない様子。鳴り響くタイマーを止めると、藤ヶ谷が「自家発電をして、名店のレシピで料理を作ることができれば、部屋から出してあげる」と書かれた手紙を発見する。「4本の調理工程VTRを見ながら、名店さながらの料理を作る」「部屋の電力は、自転車を漕いで発電」「ロウソクを1本だけ使用可能」「時間は無制限」というルールのもと名店の料理を再現していく。すぐさま部屋が真っ暗になってしまい、電気を点けるべく自転車にまたがる藤ヶ谷。想像以上にペダルが重く、「これヤバいよ。持たねーぞ1日」と弱音を吐きながらも、黙々と自転車を漕ぎ続けた。

 1本目のVTRを再生すると、銀座『上越やすだ』の統括料理長が、お米の研ぎ方をレクチャー。どんどん進んでいくVTR内容に「ガヤ覚えて!」と自転車を漕ぎながら必死の形相でお願いする玉森と、「ペンとかないの?」と慌てる藤ヶ谷。「米2合に水を入れ、始めのとぎ汁はすぐ捨てる」という序盤で、玉森がギブアップ。そこで2人は、調理工程VTRを少しずつ見ながら、料理していく作戦を立てる。なんとか土鍋に、研いだ米を入れた2人。この時点で開始10分。すでに「すごく疲れちゃった」(玉森)、「これヤバいね」(藤ヶ谷)と、疲労の色を見せ始めた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる