PS5で小島秀夫監督『サイレントヒルズ』『メタルギア』がリブート? SIEがKONAMIから権利買い上げの噂

 コナミがリリースしたホラーゲーム『サイレントヒル』シリーズの新作で、過去に開発が中止された『サイレントヒルズ』(Silent Hills)が、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)やコジマプロダクションの協力のもと、開発を再開している可能性があることが分かった。

 現時点では噂の域を出ていないが、海外の複数ゲームメディアは、近い筋の話として伝えている。

新作は2本? SIEとコジプロが担当か

 『Rely on Horror』は3月12日、2本の新作という方向性で定まり、1本は『サイレントヒル』のアンソロジーで、もう1本は、小島秀夫監督の『サイレントヒルズ』になると報じている(参考:https://www.relyonhorror.com/latest-news/sources-playstation-backs-silent-hill-series-reboot-silent-hills-revival/)。

 伊藤暢達氏はTwitterで「私はコアメンバーとして、あるタイトルに取り組んでいます。 タイトルが中止にならないことを願っています」とツイートしており、『サイレントヒル』シリーズのクリーチャーデザイナーである伊藤氏が新タイトルに取り組んでいると示唆したことも、その裏付けといえる。

 記事によると、近い筋からの情報として、同作は『サイレントヒル』のディレクター兼ライターである外山圭一郎氏と、作曲家の山岡晃氏に伊藤暢達氏を合わせたトリオが、ソフトリブートを担当するうえ、SIEも本シリーズの復活に一枚噛んでいるという。SIEジャパンスタジオから、ホラーゲーム『SIREN』の開発チームProject Sirenが参画している可能性があるというのだ。

 5年前に中止されてしまった『サイレントヒルズ』は、本タイトルの復活を熱望するソニーがコナミとコジマプロダクションの間を取り持ったとのこと。近い筋は、このゲームがPlayStation 5用の次世代PlayStation VRヘッドセットを使用することになると示唆している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!