『Xperia 1 II』海外の評価は? カメラ機能は「ソニーのモバイルを救う」との声も

『Xperia 1 II』海外の評価は? カメラ機能は「ソニーのモバイルを救う」との声も

 ソニーは2月24日、新型スマートフォン『Xperia 1 II(エクスペリア・ワン・マークツー)』を発表した。本来なら、スペイン・バルセロナの『モバイルワールドコングレス(MWC)』で発表するはずだったが、新型コロナウイルスの影響により、東京でバーチャル会見を行なった。

Xperia Announcement February 2020

Xperiaとデジタル一眼カメラα9が合体

 ソニーは多くの主要スマホメーカーにカメラを供給している。今回フラッグシップのスマホとなるXperia 1 IIでは、デジタル一眼カメラα(アルファ)9シリーズのエンジニアと共同開発を行なったという。

 『PetaPixel』は「通常、Google、Apple、Samsungのスマートフォンのフォトの上にソニーが来ることはないが、Xperia 1 IIは全てを変える可能性がある」と報じている(参考:https://petapixel.com/2020/02/25/sonys-xperia-1-mark-ii-phone-borrows-real-time-eye-af-20fps-and-more-from-the-sony-a9/)。

 『Xperia 1 II』は、デジタル一眼α9から「AF/AE追従」「20fps連写」「リアルタイム瞳AF」など、ソニーのカメラテクノロジーを結集させた。その瞳は、AIにより人だけではなく動物も検知できる。

 背面のトリプルカメラは、16mm、24mm、70mmで、完全な手動制御もあり、ソフトウェア・アップデートで今後RAWにも対応するという。また、ZEISSレンズは絶妙なレンダリングとコントラストを実現している。

 そして、3DiToFセンサーにより、低照度でも高速・高精度にオートフォーカス。特殊な画像処理エンジンBionz X for Mobileにより、標準レンズで毎秒最大60回、超広角レンズと望遠レンズで毎秒30回のAF/AEを可能にする。

ソニー初の5Gスマホ

 カメラ以外の仕様は、Qualcomm Snapdragon 865 5Gプロセッサー、8GB RAM、256GBのストレージ、アスペクト比21:9の6.5インチ・4K/HDR OLEDディスプレイ、DCI-P3、Qiワイヤレス充電対応の4000mAhバッテリー、MicroSDスロット、防水・防塵IP65/IP68といったところだ。

 Xperia 1 IIは、ソニー初の5Gスマホでもある。ミリ波帯ではなく、ミッドバンドの5Gにのみ対応している。

 『Ars Technica』は「新しいSony Xperia 1 IIは、外観がハンサムで面白い名前で、 1300米ドルはとてつもないコストだが、確実にソニーのモバイルを救う」と評している(参考:https://arstechnica.com/gadgets/2020/02/new-sony-xperia-1-ii-smartphone-looks-handsome-costs-a-ridiculous-1300/)。

 3.5mmイヤフォンジャックとフロントステレオスピーカーは、音響へのソニーのこだわりを感じるが、カメラのシャッターボタンがあることに『Ars Technica』は「信じがたい」としている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる