PS5の重要な仕様がリーク ソニー公式サイトもオープンし、直近で“お披露目”も?

PS5の重要な仕様がリーク ソニー公式サイトもオープンし、直近で“お披露目”も?

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、新たなコンソール「PlayStation 5(PS5)」について、発表の準備をしていることを示唆する証拠が最近、次々に伝えられている。そして、PS5のハードウェアについての詳しい情報を明らかにする新たなリークが飛び出した。

 『BGR』は「PS5リーク、ソニーの最も重要な機能に関する新しい詳細が流出」というヘッドラインで報じている(参考:https://bgr.com/2020/02/02/ps5-release-date-close-new-leak-may-have-revealed-ssd-storage-details/)。

ハードドライブの仕様が明らかに

 PS5とマイクロソフトXboxシリーズXは、どちらも同じCPUとGPUコンポーネントを搭載し、同様のパフォーマンスを発揮する。両方のデバイスに高速SSDが搭載されている場合でも、ソニーはストレージ速度でXboxよりも有利な可能性がある。

 数日前のリークは、デベロッパーが使用しているPS5開発キットに、1TBのSSDが搭載されていることを示唆している。これは、新しいPS5の最小ストレージを示している可能性があり、2TBのストレージを提供するとも伝えられている。

 SSDは手頃な価格になりつつあるが、HDDよりもはるかに高価であり、ソニーは適切なバランスをとる必要がある。ゲーマーにとっては、コンソールに高速ストレージがある方がいいが、コンソールが高額になり過ぎると、他のハードになびいてしまうリスクもあるからだ。

 『LetsGoDigital』は、PS5が高価な980 EVOドライブではなく、代わりにSamsung NVMe SSD 980 QVOを装備する可能性があると推測している(参考:https://en.letsgodigital.org/game-consoles/sony-playstation-5-ps5-ssd/)。

 もしそうだとすれば、Samsungがようやく今になって商標登録していることに説明がつく。980 QVOは980 EVOよりも大幅に安くなる可能性があり、だとすると、噂されるPS5の価格499.99米ドル(約5万5千円)をソニーが設定する助けになるはずだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!