スマホでいつでもポケモン交換『Pokemon Home』2月サービス開始 将来的には『ポケモンGO』との連携も

スマホでいつでもポケモン交換『Pokemon Home』2月サービス開始 将来的には『ポケモンGO』との連携も

 株式会社ポケモンは、2020年2月上旬よりクラウドサービス『Pokemon HOME』の開始を発表。その詳細についてアナウンスを行った。

 『Pokemon HOME』は、“すべてのポケモンが集まる場所”を基本コンセプトに開発が進められているクラウドサービス。「ポケモン」シリーズで集めたポケモンを、従来のゲームやゲームコンソールの垣根を越えて、預けたり送ったりすることが可能となる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 Nintendo Switchと『Pokemon HOME』を同じニンテンドーアカウントで連携させることでポケモンボックスを共有でき、2020年2月の時点では、『ポケットモンスター ソード・シールド』、『ポケットモンスター Let’s GO! ピカチュウ・Let’s GO! イーブイ』、『ポケモンバンク』が対応。将来的には、『Pokémon GO』とも連携する予定だ。

 スマートフォンでは、ポケモンを預けておくといつのまにか世界中の他の人と交換できる「ミラクルボックス」や、条件が合った相手と任意のポケモン交換ができる「GTS」、最大20人のグループを作ってポケモン交換できる「グループ交換」、フレンドになったユーザーが近くにいるときに交換できる「フレンド交換」といった、4つのポケモン交換が利用可能(一部有料機能あり)。ほかにもシリーズおなじみの「ふしぎなおくりもの」や、過去の『ポケモン』シリーズの図鑑解説文に加えて、ポケモンのわざやとくせいも確認可能で、データベースとしても活用できる「全国図鑑」も重宝しそうだ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 利用料金は基本無料だが、「30日:370円」「90日:610円」「365日:1960円」といった3種類のプレミアムプラン(有料)も。プレミアムプランでは、『ポケモンバンク』から『Pokemon HOME』へのひっこし機能や個体値のジャッジ機能(ともに無料版は利用不可)、グループ交換についての機能(無料版は「開催」が不可)が使えるほか、同時にGTSに預けられるポケモンの数、『Pokemon HOME』に預けられるポケモンの数、同時にミラクルボックスに預けられるポケモンの数が無料版と異なる。

 なお、『Pokemon HOME』ではサービス開始を記念し、「ポケモンバンク」、「ポケムーバー」を無料で利用できるキャンペーンを実施することも、あわせて発表された。

■商品情報
『Pokémon HOME』
対応ハード:Nintendo Switch版、スマートフォン版(iOS/Android対応)
ジャンル:ユーティリティ
プレイ人数:1人
通信機能:インターネット通信
配信開始日:2020年2月中予定
利用料:一部サービスの利用は有料(ダウンロード無料)
対応言語:日本語・英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・ イタリア語・韓国語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)

(c)2020 Pokémon. (c)1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
(c)2020 Niantic, Inc. (c)2020 Pokémon. (c)1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標 です。
ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!