吉沢亮、人気YouTuberすしらーめん《りく》と念願の対談 矢継ぎ早の質問で“すしらー愛”を伝える

 俳優の吉沢亮が、1月23日発売のファッション誌『SPUR』で、「YouTuberにハマるきっかけになった」という人気クリエイター・すしらーめん《りく》と対談した。

 吉沢はYouTuberに詳しいことで知られ、昨年9月に『おしゃれイズム』に出演した際には、毎日動画を見ているというラーメンYouTuber・SUSURUについて語り、サプライズ共演に大喜びしていたことも記憶に新しい。

 一方、吉沢の5歳年下(1999年生まれ)となるすしらーめん《りく》は、約470万人のチャンネル登録者を抱えるトップYouTuber。尽きないアイデア、壮大な実験企画を実現する行動力、ユニークな編集に愛される人柄と、多彩な魅力で“天才”と評されることも多い人気者だ。以前には松坂桃李もファンであることを公言しており、俳優業界にも視聴者が多いのかもしれない。

 吉沢にとって念願となる対談が実現したのは、『SPUR』誌の連載企画「吉沢亮のカモナマイルーム」の最終回。吉沢が毎回、気になるゲストを迎えてゆったりとトークする企画で、直近では山田裕貴、中川大志などの人気俳優とトークを展開していた。

 今回の対談は、吉沢がいかにすしらーめん《りく》の動画が好きなのか、ということが存分に伝わる内容になっている。動画を撮り始めたきっかけから発想法、いま思い描いている夢、動画制作のペースまで、矢継ぎ早に質問を投げかける吉沢に、すしらーめん《りく》が動画と同じ天真爛漫さで、楽しそうに答えているのが印象的だ。最後には、吉沢から“驚きの提案”も。詳しくは誌面でチェックしよう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!