ヒカキンが明石家さんま&岡村隆史との共演で示した存在感 “驚かれる側”から“驚く側”へ

 人気YouTuberのヒカキンが、11日に放送された日本テレビ系の特別番組『いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP』に出演した。

 明石家さんまと岡村隆史がMCを務めた同番組は、天才ソプラノ歌手、天才ゴルフ少女といった知られざる各分野における5人の天才たちをフィーチャーし、密着VTRやスタジオでのトークによって“凡人”との違いを探ろうというもの。ヒカキンは、俳優の佐藤浩市、綾野剛、乃木坂46の生田絵梨花、モデルでタレントの滝沢カレン、社会学者の古市憲寿、お笑い芸人の四千頭身らと共にゲストとしてスタジオに登場した。

 この番組におけるヒカキンの基本的役割は、他のゲスト同様、VTRが流れればワイプでリアクションをし、天才がスタジオに訪れれば気の利いた質問をし、さんまや岡村から話を振られたらテレビ映えする返しをするという一見簡単そうで、その実難しいポジション。しかも、さんまと家族ぐるみの付き合いがある佐藤、乃木坂46の中でも抜群のバラエティ適性を誇る生田、パンチの効いたコメントで違いを生み出す滝沢、有吉弘行やマツコ・デラックス同様毒舌を芸風にまで昇華した感のある古市と、粒ぞろいのテレビスターの中で、YouTubeが主戦場のヒカキンが埋もれてしまう可能性は大いにあった。

 しかし、様々なバラエティ番組にお呼ばれする中で経験を重ね、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にも2度ゲスト出演しているヒカキンは、同番組においてしっかりと存在感を示した。

 天才の一人・プロポーカープレイヤーの木原直哉が「ロジカルな行動を日頃から心掛けている」という話をしていたところ、岡村から「ヒカキンさんから何かありますか?」と振られた際には、「それだけ合理的に生きてて時間をすごい大切にされていると思うんですけど、逆に『こういう時間イヤだな』と思うことはありますか?」と的確な質問を投げかけていた。また、天才の一人で81歳の世界最高齢プログラマー・若宮正子が「YouTubeにも動画を上げている」と話した時には、「僕らがそういう歳になる時の先駆けな感じがしますよね」と発言。トップYouTuberという立ち位置を活かしたコメントにより、天才のすごさを際立たせるという役割も担っていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!