>  > 乃木坂46松村沙友理、遠藤さくらに“まちゅハラ”

乃木坂46松村沙友理、遠藤さくらへムチャ振り! 視聴者に「まちゅハラ」とイジられる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。10月9日の配信には松村沙友理が登場し、近況トークを繰り広げた。

 まずは毎回恒例となっている宿題のコーナーから。前回配信を担当したのは大園桃子で、宿題用のフリップボードには「初期の頃の自己紹介をお願いします」と書かれていた。それとは別にフリップボード上部には「セクシーに『うっふん』をして」という書き込みも。

 これは、10月3日に配信を担当した新キャプテンの秋元真夏による「10月11日まで消しちゃダメ♡」というメッセージにより据え置かれている課題。ファンはこれを“マナハラ”(真夏ハラスメントの略)と言っていじっていた。

 松村はフリップボードを見るや否や「何この上のやつ?」とチクリ。「誰が書いたんですかね、怖い」と言いつつも、どうやら“犯人”を認知しているようで、「これが噂のマナハラってやつですか」と怪訝そうな顔をして見せた。

 ちなみにこの「うっふん」は、乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)の中で、秋元が長年愛用している両手でピストルを作って撃ち抜く「ズッキュン」に代わる新必殺技として、MCのバナナマン・設楽統が提案したもの。振り向きざまに髪をかき上げ、カメラ目線で「うっふん」と呟くという、セクシーさを強調した決めポーズ兼決め台詞だ。

 なお、「うっふん」誕生時の「乃木坂工事中」の収録に松村は参加していない。そのため、「とりあえず放送を見たんですけど、やっぱり、収録のスタジオにいないと空気感がわからない」とポツリ。さらに、「なんかあれですよね。真夏の『ズッキュン』が飽きられてるから新しいのが欲しいって感じのやつですよね? え……なんでこれを私がやらなきゃいけないの?」と嫌がり、「マナハラ怖いです、秋元さん。キャプテンになったからってこうやって1期生にもマナハラをして良いと思っているのでしょうか?」と愚痴が止まらなかった。

 このように嫌がりながらも松村はセクシーにうっふんを完遂。本人は「恥ずかしい!」とひたすら照れていたが、視聴者からは「かわいい!」と絶賛の嵐だった。

      

「乃木坂46松村沙友理、遠藤さくらへムチャ振り! 視聴者に「まちゅハラ」とイジられる」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版