>  > 乃木坂46松村“白石麻衣”をフった理由

乃木坂46松村沙友理、好きなメンバーに“白石麻衣”を選ばなかった理由は?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。2月12日の放送には、松村沙友理が登場した。

 まずは毎回恒例になっている宿題のコーナーから。前回配信を担当した山崎怜奈が残した宿題は「乃木坂46で印象に残っているライブを教えてください」というものだった。この宿題を受けて松村がチョイスしたのは、2015年の『3rd Year Birthday Live』。埼玉・西武ドームで開催された同コンサートは、気温2℃という極寒の中、7時間半にも及ぶ長丁場だったことで知られている。

 松村はこのライブについて「あのとき、気温が2℃とかだったじゃないですか。2℃でめっちゃ寒い寒いって言われていたけど、意外に出ている側ってアドレナリンも出ているし、そんなに寒くなくて。観てくれているお客さんのほうが寒そうだった」と振り返った。

 次に、バレンタインデーも間近に迫ったということで「憧れのメンバー(好きなメンバー)に告白しよう」という企画が実施された。松村が選んだメンバーは、同期の斉藤優里。理由は「面倒くさい絡みをしてもちゃんと返してくれるから」だそうで、「今日もゆっちゃんに、全然間違えているわけでもないのに、『間違えてんじゃねぇ!』って言ったり、人の話を聞いているのに『人の話聞け!』って言ったり、ゆっちゃんに全部怒るっていう面倒くさい絡みをしたのに、それを可愛く受け止めてくれたので、ゆっちゃんにしました!」と、具体的なエピソードを明かしていた。

 この回答を受けてすかさず視聴者からは「まいやんフラれたw」と、仲良しの白石麻衣を選外にしたことをいじるメッセージが。すると松村は「まいやんフラれたわけじゃないよ! まいやんとは、別にみんなの前でラブラブするわけじゃないから! 内緒だも~ん(笑)」と言ってふくれっ面になる場面も。

 続いて、各曜日の担当メンバーが優勝賞品「焼肉お食事券」をかけて競い合う「のぎおび選手権」のコーナーへ。今週の種目は「ハートの個数」。これは、10秒間でハートマークの早書きに挑戦して、もっとも多くのハートマークを書いたメンバーが優勝となる競技だ。ただし、あまりに汚くてハートに見えないものは数にカウントしないという。

 「イエーイ! 頑張りまっちゅーん!」という掛け声と共に、勢いよくペンを走らせた松村の記録は「17個」。この配信が『のぎおび⊿』における週初めの配信であるため「今のところ暫定1位!」と喜びつつ、その流れで「明日の挑戦者は……桜井玲香ちゃん!」と、本日水曜日の配信メンバーを発表し、ついでに宿題を決めることに。

      

「乃木坂46松村沙友理、好きなメンバーに“白石麻衣”を選ばなかった理由は?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版