東海オンエア・虫眼鏡はなぜリスペクトされるのか? 誕生日を機にその魅力を分析

コンプレックスをさらけ出す親近感

 “常識人“ポジションであるのは、あくまでそれは個性的なメンバーが集まった東海オンエアの中で言えばの話。虫眼鏡自身も、かなりキテる方であることは間違いない。秀才ではあるものの、器用ではない虫眼鏡。求められていることに全力で応えようとすればこそ、ときには笑えない大怪我をしてしまうことも。「結婚より、今は東海オンエア」とプライベートを犠牲にしがちな発言もあれば、「家族との不仲」というセンシティブな情報もちょくちょくネタにしてきた。どこか皮肉めいたところも、虫眼鏡らしさのひとつ。

 時流に乗り、あっという間に人気者になっていったYouTuberたち。知名度が上がり、金銭的にも豊かになっていった彼らは、充実した表情を浮かべているが、東海オンエアが成功すればするほど、さらにメンバーのソロチャンネルが話題になるほど、コンプレックスを深めていくところもある。もちろん、それも含めて私たちを楽しませてくれるネタに違いないとは思いながら、そんなふうに何事にも諸手を挙げて浮かれることのできない部分、いつもちょっぴりこじらせて生きている私たち現代人の鏡にも見えてくるのだ。

 だから彼にとっては、きっとこんなふうに虫眼鏡の魅力を改めて掘り下げる、いわゆるアゲ記事はありがた迷惑でしかないものだとも思う。だが、いつも私たちがやってみたいけれど決してできないこと=“常識“を飛び越えて仲間ととことんバカをやり続ける、というパラレルワールドを見せてくれる虫眼鏡に、尊敬と感謝の意を伝えずにはいられないのだ。これからも、まだまだ大きくなっていくであろう東海オンエア。そのフィクサーとして虫眼鏡が大いに活躍することを心から祈っている。

(文=佐藤結衣)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!