『ドラクエウォーク』プレイレポ:メガンテの悪夢 4章9話ミニデーモン戦をサクッと討伐してみた

 一方、ドラクエウォークの魅力はゲームとしての攻略だけでなく、やはり「歩く」ことにある。筆者がいいなと思っているのは、歩くごとにポイントが加算され、有用なアイテムと交換できる「ウォークマイレージ」の上限値が、「一週間で7万歩」だということだ。健康的な生活の指標としてよく語られる「1日1万歩」が目安となっており、無理をして歩いたら歩いただけ得をする、というシステムにはなっていないのがいい。歩行中にスマホを見なくても戦闘や回復スポットへのタッチが自動で行える「WALKモード」もあるので、歩きスマホによる事故などもなく、ただただドラクエの世界でみんな健康になっていく、という未来を望みたい。

 改善の要望をひとつ挙げるとするなら、フィールド画面に「じゅもんでまんたん」(呪文で体力を全回復する)のショートカットボタンがほしい。ストーリーの進行度を上げ、敵が強くなっていくと、戦闘後に毎回、回復をする必要に迫られ、メニュー画面を開くのが少し面倒だからだ。引き続き、『ドラクエォーク』とともに歩く日々を楽しみたい。

毎度の確認がちょっと面倒

(文=橋川良寛)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる