乃木坂46遠藤さくら、齋藤飛鳥への愛と神宮「他の星から」秘話を語る「イヤリングはお揃いでした」

乃木坂46遠藤さくら、齋藤飛鳥への愛と神宮「他の星から」秘話を語る「イヤリングはお揃いでした」

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。9月4日の配信には遠藤さくらが初登場し、近況トークを繰り広げた。

 9月1日の東京・明治神宮野球場公演をもって終幕した『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』。ツアーを振り返って遠藤は「名古屋も福岡も大阪も楽しかったけど、私的には神宮が一番熱くなって盛り上がったかなって思います」と総括した。

 視聴者から、その神宮公演で披露した齋藤飛鳥とのユニット曲「他の星から」を称賛するコメントが寄せられると、「うれしい! ありがとうございます!」と思わずニッコリ。続けて「実は裏話があって」と言い、「あすぴーさん(齋藤)と神宮でユニット曲を披露させていただくときにイヤリングをしていたんですけど、片方だけ星のイヤリングをしていたんですね。その星のイヤリングはあすぴーさんとお揃いでした」とうれしそうに報告した。

 また、「桜井玲香さんが神宮で卒業されて……」と、ツアー最終日にグループから卒業したキャプテンの桜井玲香についても言及。遠藤は「寂しいですね」とつぶやき、「一緒に活動させていただける期間がすごく短かったんですけど、それでもやっぱり桜井さんの背中は大きくて、これからもずっと憧れです」と尊敬の念を示した。

 さらに、ファンからは「スッキリ見たよ!」というメッセージも。この日、最新シングル「夜明けまで強がらなくてもいい」のリリース日ということもあって、乃木坂46は朝の情報番組『スッキリ』に生出演し、同曲のパフォーマンスを披露していた。楽曲のセンターポジションを務める遠藤も、当然この生放送に参加しており「はじめて生放送に出て緊張MAXでした」と感想を一言。「すっごい緊張していたら裏であすぴーさんに笑われたんですけど、手をつないでくれたので大丈夫でした」と裏話を明かしていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!