>  > キスマイ北山&千賀&二階堂、幼稚園で大奮闘

キスマイ北山宏光&千賀健永&二階堂高嗣、園児たちから人気を得るため大奮闘もハプニング続出

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kis-My-Ft2と子どもたちが毎回笑いと驚きを巻き起こす番組、『キスマイどきどきーん!』(dTV)。8月9日には第27話が配信された。今回の時間割は、「開園!きすまい幼稚園」と「美男子ポーズまで3秒前」の2コーナーだ。

 「開園!きすまい幼稚園」からスタート。このコーナーは、園児たちと交流をしていきながら、Kis-My-Ft2のメンバーが人気No.1の先生を目指すというもの。今回は、初登場の北山宏光、千賀健永、二階堂高嗣の3人が挑戦する。オープニングトークでは「この企画のあと、玉森(裕太)たちがぐったりして企画の話をずっとしていましたね」(北山)、「大変そう」(二階堂)と不安そうな様子を滲ませる二人。一方、千賀は「子どもたちの心を掴むのは結構得意」と自信をのぞかせた。

 今回は、年中・年長クラスあわせて25人の園児の先生を務める。サポート役は、年長クラス担任の秋元先生。北山、千賀、二階堂が姿を現すと、園児たちはまさかの無反応。秋元先生が3人を紹介しても、教室には微妙な空気が流れる。まずは第一印象だけでどの先生が良いかを決めるFirst Check。結果、北山12人、千賀11人、二階堂10人とほぼ同率となった。

 次は、30分間の「学びの時間」。いかに子どもたちを飽きさせずに、楽しく学ばせるかがポイントとなる。トップバッターの二階堂は、ダンボールハウスづくりを教えることに。順調に見えたが、結局コントロール不可能となってしまう。困った二階堂は家ではなく道を作ることに方向転換するが、ハプニングが続出してしまい、グダグダに終わった。2番手の北山はスライム作り。二階堂のカオス状態を見ていた北山は、的確な指示を出しながら授業を進行。最後までうまく授業を進められたが、園児たちの反応はイマイチだった。そして最後は、得意なダンスを教えるべく、園児でも踊れる「クラゲダンス」を考えてきた千賀。だが、園児たちからは「やだ!」「つまんない」とヤジが飛ぶ。各メンバーへの秋元先生の採点はいかに? 次回、「遊びの時間」を経て、人気No.1先生が決定する。

      

「キスマイ北山宏光&千賀健永&二階堂高嗣、園児たちから人気を得るため大奮闘もハプニング続出」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版