>  > Googleの「スマートシティ計画」が物議

Google「トロント・スマートシティ計画」が物議 “未来のユートピア”か、それとも“実験場”か?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの親会社であるAlphabetが所有する都市イノベーション企業・Sidewalk Labs(米国ニューヨーク)は6月24日、1,524ページの報告書を発表。カナダのトロントをデジタル時代のモデル都市として発展させる計画について詳述した。

テクノロジーで都市生活が改善、都市革新のハブ

 このスマートシティ計画について、Sidewalk Labsは「革新的テクノロジーが導入され、汚染を減らし、通勤時間が短くなり、より気候や環境に優しい建物で、手頃な都市生活を実現できて、人々の暮らしは良くなる」と考えている。

 まずは、10棟のビルと270万平方フィートの居住・商業スペースから着手し、その後トロントのオンタリオ湖畔に拡張することを目指しているようだ。ほかにも、交差点にセンサーを設置し交通を円滑にする一方で、街のあらゆるところでデータを収集するといった“スマートシティ”の実現を見据えている。

 Sidewalk LabsのCEOであるダン・ドクトリフ氏は、CNNの取材に対し「都市の抱える多くの課題は、過去の方法では解決しえないでしょう。都市の生活に劇的なインパクトを与え、都市イノベーション産業の世界的なハブにすることが可能です」と力説する(参考:https://edition.cnn.com/2019/06/24/tech/sidewalk-labs-toronto-plan/index.html

データ収集には根強い反対の声も

 一方で、このプロジェクトは2017年10月の発表以来、反対の声が相次いでいる。

 市民の中には「実験室のモルモットになってしまう」という声も聞かれる。このプロジェクトに反対するBlock Sidewalkという団体は、巨大なテクノロジー企業が都市の生活を決定づけることに懸念を表明しているとBBCは報じた(参考:https://www.bbc.com/news/technology-48756031)。

 ほかにも、政治家、市民団体、一般市民から、Sidewalk Labsが収集するデータやプライバシーの取扱について質問が寄せられており、長らく回答を保留してきたSidewalk Labsだったが、ついに「同意を得ない限り第三者にデータの公表・販売は行わない」ことを明言するに至った。

 トロント出身のデジタル・ガバナンス研究者シベレ・サック氏は「スマートシティについての重要な問題を議論できておらず、Sidewalk Labsと一般市民との間に、路上や建物のセンサーデータの使用方法やテクノロジーのアルゴリズムといった知識のギャップがある」と指摘し、新たなテクノロジーが予期せぬ結末を招くことにも懸念を示している。

 一連の問題を受け、開発委託業者にSidewalk Labsを指定するにあたり、結論を出すのが性急だったとして、プロジェクトを取り仕切るWaterfront Torontoの責任者ら複数の重役が既に辞任している。

      

「Google「トロント・スマートシティ計画」が物議 “未来のユートピア”か、それとも“実験場”か?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版