Google、検索からのショッピング機能を強化へ Amazonと競合関係に?

 検索サービス最大手のGoogleは、5月15日と16日に同社の広告事業に関する年次発表会「Google Marketing Live 2019」を開催した。この発表会に先立ち、検索広告の新機能を公式ブログ記事で明らかにした。新機能の内容からは、GAFAのあの構成メンバーとの競合をいとわない同社の意図が感じられる。

GoogleアプリやYouTubeにも広告表示

 Googleが14日にGoogle広告ブログの記事で明らかにした新機能は複数あるのだが、その筆頭は「ディスカバリー広告」だ。この名称は、Googleモバイルアプリの機能「ディスカバー」に由来する。同アプリのトップ画面には検索ボックスの下にニュース記事が表示されるのだが、このニュース表示機能が「ディスカバー」に相当する。発表されたディスカバリー広告は、このディスカバーを使って広告を表示するというもの。表示される広告は、ニュース記事と同様にユーザの検索履歴にもとづいてユーザの興味をひくようなものが選ばれる。ディスカバリー広告はディスカバーのほかにも、YouTubeやGmailの広告欄でも表示される。リリース時期は今年後半で、全世界の国をサービス対象国とする予定だ。

画像出典:Google広告ブログ記事より画像を引用

 Googleの主たる収入源となっている検索連動広告にも、新しい広告フォーマット「ギャラリー広告」が導入される。この新フォーマットを使うと、従来より「高品質かつクリエイティブ」に商品をユーザに見せることが可能になる、とのこと。こうした新フォーマットの効果を同社が検証したところによると、(クリックやスワイプといった)広告に対するユーザのアクションが25%向上することがわかった。この新フォーマットも、今年後半にリリースされる。

Googleショッピングも変わる?

 Googleの検索ページから利用できる商品検索機能「Googleショッピング」も一新される。よりショッピング体験に没入できるようにデザインがリニューアルされ、さらに新機能「パーソナライズドホームページ」が利用できるようになる(下の画像参照)。この機能は、ユーザが保存したお気に入りの商品やお気に入りのブランドにもとづいて検索結果として表示される商品をフィルタリングできる、というもの。この機能を使えば、例えばヘッドフォンを探す時に好きなブランドのものに絞り込んで検索結果を表示できるようになる。

画像出典:Google広告ブログ「Google Marketing Live: Building for the new consumer journey」

 Googleショッピングの検索結果に青いショッピングカートが表示された商品に関しては、Googleがカスタマーサポートと返品に応じる。つまり、Googleショッピングを使って購入できる商品の一部は、Google自らがアフターケアを行うのだ。

 以上のようなGoogleショッピングの一新は今年中に行われるのだが、この一新によって「Google ExpressとGoogleショッピングを統合していく」とも言われている。Google Expressとはアメリカ国内で提供されているGoogle直営のショッピングサイトだ。それゆえ、同サイトが提供されていない日本においてGoogleショッピングの刷新が行われるかどうかは、やや不透明である。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!