>  > 三四郎、ヒカル&ラファエルの羽振りのよさに驚愕

三四郎、人気YouTuberヒカル&ラファエルの羽振りのよさに驚愕 小宮「YouTubeをナメんなよ」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月21日に放送された『三四郎のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、三四郎が人気YouTuberの羽振りのよさについて触れる場面があった。

 冒頭から相田(周二)が「ちょっと聞いてほしいんだけど」と切り出し、「当たりました、東京五輪のチケット!」と報告。五輪チケットをめぐっては、SNSでも当選の喜び、落選の悲しみの声が数多く上がっているが、相田はこの日の生放送まで公表しておらず、「やっと言えた!」と大興奮だ。「ラジオやってるんだから、ここに持ってこなきゃ」と、リスナーと喜びを共有したかったようだ。

 ちなみに、当選したチケットはなんと「陸上競技決勝」という花形の舞台。しかもグレードの高い「A席」とのこと、ハイテンションの相田に押され気味の相方・小宮(浩信)は、「めちゃくちゃすげえじゃん。なんで相田なの……?」とつぶやいていた。

 相田は陸上のほかにも、サッカー、バスケットボール、野球、バドミントン、バレー、柔道、カヌーなど、多くのチケットに応募していたようで、「全部あたったら190万払うところだった。危ねえ~」と一言。小宮が「お金はもう払ったの?」と聞くと、「早く払いたい。7月2日までだから怖い。支払いを忘れて、チケットを流したくない」と応じ、番組後半に、実際に最寄りのコンビニで支払いを済ませることになった。

 チケット代は、26万1944円。「払う様子を聞いていてほしい。みんなでチケットが当たるというのがどういうことか体感しよう」と、出待ちのファンに祝福されつつ、意気揚々とコンビニへ向かう相田。ケータイの通話で実況し、そのままダラダラと支払いを済ませる。受付の領収書をもらい、後日チケットと引き換えるようだ。

 チケットは2名分で、誰と一緒に行くか、まだ決めかねている様子の相田に、自分と一緒に行ったらいかに楽しいかをプレゼンするも、結局からかわれるだけだった小宮は、特にハプニングもなくただ支払いを済ませるだけの実況に、「なんでいま行ったんだよ」と呆れ気味。しかし、スタジオに帰ってきた相田は、「貴重な音源ですよ。26万もコンビニで払って、東京五輪に行くって、こんなことないから! YouTubeでやればよかったな」と満足げだ。「YouTubeだったら、だいぶ稼げたと思うよ、視聴回数。ヒカキンくらいはいくんじゃない? ラファエル、ヒカルとかいかない?」と、人気YouTuberの名前を上げて調子づくが、相田は「いかないよ。だいぶもいかない」とバッサリ切っていた。

      

「三四郎、人気YouTuberヒカル&ラファエルの羽振りのよさに驚愕 小宮「YouTubeをナメんなよ」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版