>  > ヒカル、破天荒すぎる営業マン時代の秘話を告白

会社乗っ取りを計画し、社内クーデターを指揮……YouTuberヒカル、破天荒すぎる営業マン時代の秘話を告白

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気YouTuberのヒカルが6月4日、自身の公式チャンネルにて破天荒すぎる営業マン時代のエピソードを披露した。

 高校卒業後、新卒で就職した工場を4ヶ月で辞めて、営業マンとして働き始めたヒカル。当時から自分の能力に絶対的な自信を持っていたようで、勤め先の社長から「営業は難しいから、お前には無理だ」と宣告されたにもかかわらず、「結果が出なかったらずっと使わなくて良いんで、1ヶ月間、俺を営業に出してみてください」と直訴。その結果、最初の1か月で会社の過去最高利益を達成し、以降、同社のNO.1営業マンとして君臨し続けたのだという。

 聞き手を務めていたYouTuber・相馬トランジスタから「営業ができそうな感じはしたの?」と問われると、ヒカルは「逆にできない理由が見当たらなかったですね」とキッパリ。「ただしゃべるだけなんちゃうんかって。営業に対して難しいっていう先入観はなかったんですよ」と続け、「それを社長は『いや、営業は難しいんや』って言ってて。こいつ(説得の仕方が)下手くそやなって思ったんですよ。お前は下手くそやから難しいやろうけど、俺と一緒にすんなみたいな感じで」と当時の思いを明かしていた。

 またヒカルは、営業マンとして成功した要因について、「営業が得意というよりも、人に気に入られるのがうまかった」と自己分析。「売るもの、買うもの、商材についてよく知ってるとかじゃないんですよ。そういう細かいテクニックじゃないんですよ」と付け加えた。

 なお、同じ会社で働いていた実兄のまえすによると、ヒカルの営業は「頼み方がえげつないし、取り入り方がすごい」とのこと。親が存命中なのにもかかわらず、平気で「親が亡くなって……」などとハッタリをかまして、顧客に合わせた架空の世界観を縦横無尽に作り出していたらしい。この話を受けてヒカルは自身のセールスマンとしてのスタイルを「一瞬にして、1本の壮大な映画を見せるんですよ」と形容していた。

 この成功により「天狗になった」というヒカルは次に「会社を乗っ取る」という壮大な計画に向けて動き出すことに。「こいつ(当時の社長)を別にトップにつける必要はない」との想いから、「12人いる会社の従業員のうち優秀な5人を3ヶ月で洗脳しようと試みた」と驚くべき事実を打ち明けた。

      

「会社乗っ取りを計画し、社内クーデターを指揮……YouTuberヒカル、破天荒すぎる営業マン時代の秘話を告白」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版