>  > 『ポケモン剣盾』新要素“ダイマックス”に注目

『ポケモン ソード・シールド』新要素“ダイマックス”や新ポケモンなど、気になるポイントまとめ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年6月5日22時、『ポケットモンスター』シリーズ最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』の新情報が動画にて発表された。この記事ではPokemon Directの動画で発表された新情報と、動画内で気になるポイントについて紹介する。

Pokémon Direct 2019.6.5

モンスターが巨大に!? 新要素“ダイマックス”

 まず今回のPokemon Directで最も印象的な発表だったのは、新要素“ダイマックス”。ガラル地方のポケモンに起こる特殊な現象“ダイマックス”によって、ポケモンは通常時の何倍もの大きさに巨大化する。

 ダイマックスはポケモンバトルの駆け引きを大きく変える新要素で、1回のバトルで1度だけ使用可能。巨大化状態は3ターン続くとのこと。巨大化したポケモンは技も通常時とは異なるダイマックス専用技に変わるため、前作の新要素“Zワザ“よりもさらに多くの選択肢をもたらす奥深い要素になりそうだ。

 また、野生のポケモンも一部ダイマックスによって巨大化し、この巨大ポケモンに4人で協力して挑む“マックスレイドバトル”という要素も用意されている。プランニングディレクターの岩尾和昌氏によれば、このマックスレイドバトルでしか手に入らないポケモンも存在するようだ。

気になる新ポケモン

 今回の動画ではガラル地方に生息する新たなポケモンも何種類か紹介された。その姿は実際に動画を見て確認していただきたいが、羊をモチーフにした「ウールー」や、はなかざりポケモンの「ヒメンカ」、またカミツキガメをモチーフにしたと思われる「カジリガメ」と、ポケモンらしい可愛くもカッコいいモンスターに今作でも出会えそうだ。

 そして本作においてポケモンたちとの出会いの場となる“ワイルドエリア”では、広大なフィールドの中で探索をして様々なポケモンと出会うことができるようだ。

 また、動画では一部シンボルエンカウントのシステムが用いられているのではないかと推測できる場面も見られた。シンボルエンカウントの要素は前作『ポケットモンスター  ピカチュウ&イーブイ』でも用いられていたため、今作でも続投される可能性は十分にあるだろう。

      

「『ポケモン ソード・シールド』新要素“ダイマックス”や新ポケモンなど、気になるポイントまとめ」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版