>  > 『ドラクエウォーク』、海外では辛口な意見も

ドラクエ新作『ドラゴンクエストウォーク』、海外では『ポケモンGO』と比較した辛口な意見も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは6月3日、東京都内で『ドラゴンクエスト』(以下、ドラクエ)新作発表会を行い、スマホゲーム『Dragon Quest Walk』(ドラゴンクエストウォーク、以下『ドラクエウォーク』)を2019年内にリリースすることを発表した。

 プレイは基本的に無料だが、アイテムの課金があるという。6月11日からiOSとAndroidユーザーを対象としたベータ版体験会も行われる。

『ドラゴンクエスト』のスマホ向け位置ゲーム

 このゲームは、『ドラクエ』の世界と化した現実世界を主人公となって歩き回り、冒険するRPGで、町の人の話を聞きながらクエストを進め、モンスターを倒し、装備を整え、新たな敵に挑んでいくというもの。

 開発には、『白猫プロジェクト』などを手がけ、スマホ向けの位置ゲームに強いコロプラ社が携わった。着想は、丁度『ポケモンGO』が世界的に流行していた3年前。ドラゴンクエストの位置ゲームが製作できないかと、『ドラゴンクエスト』の生みの親である堀井雄二氏氏等、関係者が集まり話し合いが行われた。会見で堀井氏は「あの時、『ポケモンGO』も流行ったし、ドラゴンクエストとかけ算したら、いろんなことが出来るんじゃないか」と経緯を明かした。

 そんな経緯で生まれた『ドラクエウォーク』について、海外の反応はどうなのだろうか。テクノロジーメディアのEngadgetは「ポケモンGOに対するスクウェア・エニックスの答えが『ドラゴンクエストウォーク』だ」とする記事を掲載した(参考:Square Enix’s answer to ‘Pokémon Go’ is ‘Dragon Quest Walk’)。同記事内では「発表は日本に対してのみで、海外のプレイヤーは待たされることになる。過去には『ドラゴンクエスト』のゲームが国際的にプレイ可能だったが、来たる冒険ゲームのローカライゼーションには、課題がある。しかし、日本での反応は総じてポジティブなもの」と続けた。

 たしかに、ゲームの発表に伴い、スクウェア・エニックスの株価は5%以上上昇、コロプラの株価は、一時ストップ高まで上がるなど、株式市場も概ね前向きな反応をみせている。

      

「ドラクエ新作『ドラゴンクエストウォーク』、海外では『ポケモンGO』と比較した辛口な意見も」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版