>  > NTTドコモ、2019夏商品13機種を発表

NTTドコモ、2019夏商品13機種を発表 「Google Pixel 3a」や「Xperia Ace」「HUAWEI P30 Pro」など

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモが5月16日、2019年夏の新商品ラインナップとして、ドコモスマートフォン8機種、Google Pixel1機種、ドコモケータイ2機種、データ通信製品(モバイルWifiルーター)1機種、「Galaxy S10+」の東京2020オリンピック限定モデル1機種の全13機種を発表。6月1日より順次販売する。

 まず、NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏は「スタンダード、ミッドレンジモデルが重要になる」と語り、スタンダードモデル4機種を発表した。

「Xperia Ace SO-02L」

 コンパクトサイズのXperiaがついにスタンダードモデルに。超広角セルフィーやポートレートセルフィーなど、充実の自撮り機能と手ぶれ補正機能を搭載している。ソニーならではの高画質、高音質も楽しむことができるモデル。

「LG style2 L-01L」

 3900mAhの大容量バッテリー、大画面6.0インチ。デュアルカメラを搭載したLGの最新モデル。

「allows Be3 F-02L」

 画面割れに強く、ハンドソープでも洗える日本製スマホ。好評だったExliderも進化し、文字が見やすく操作もより快適に。画面サイズは以前のモデルよりも拡大し、有機ELも搭載。

「Google Pixel 3a」

 夜景モードやポートレートモードなど、GoogleのAIを活用した多彩なカメラ機能。ドコモから発売されるにあたり、iD決済にも対応しているという。

 また、ハイスペックモデルとして6機種も発表された。

「Xperia 1 SO-03L」


 世界初の4K有機ディスプレイ、映画に最適な21:9のシネマワイドを使用。カメラはソニーの技術を結集したポリプロレンズカメラ。

「Galaxy S10 SC-03L」

 フレームレスデザインによる大画面、超広角カメラを加えたトリプルカメラを搭載。F値はドコモ最小の1.5。見たままの風景を撮影したかのような写真が撮れるという。

「Galaxy S10+ SC-04L」

 ドコモ史上最高、RAM8GB、ROM128GB、6.4インチのハイスペック。独自の冷却システムでゲームも快適に楽しめる端末だ。Galaxy S10も同様だが、バッテリーも効率的に進化。使用パターンを学習し、電池持ちの良くなる機能を搭載したり、他のスマホにバッテリーを分け合うこともできる。

      

「NTTドコモ、2019夏商品13機種を発表 「Google Pixel 3a」や「Xperia Ace」「HUAWEI P30 Pro」など」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版