>  > 『ガチンコザホルモン 』の面白みとは?

YouTube番組『ガチンコザホルモン 』は映像企画のエポックに? 書類審査からオーディション編までを振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『世界初! バンドフランチャイズ制導入記念 ガチンコザホルモン 〜コッテリの継承者たち〜』という番組が、マキシマム ザ ホルモン(以下、ホルモン)のオフィシャルYouTubeチャンネルで続いている。

 3月19日に第一回がアップされ、これを書いている4月19日現在で8回目まで配信ずみ。書類選考を通過した応募者たちがホルモンの4人&特別審査員の彦麻呂と面接を行う第二次審査が終わり、次回からは三次に進んだ21名で行く『ホルモン強化合宿』編に突入することが、8回目のラストで明かされた──。

 ……えーと、このテキストを読むような人は、この企画の詳細など、とうにご存知であろう、という前提の下にここまで書いたものの、「やっぱりちゃんとそのへんも解説した方がいいかも」という気がしてきた。なので、そこから触れ直します。

 2019年2月21日、ワーナー・ミュージック・ジャパンにて、『いい意味でも悪い意味でも驚愕的な発表(※一部の方にとって)』をする、ということで、ホルモンが記者会見を行う。

 発表されたのは以下。

(1)「音楽業界初! マキシマム ザ ホルモン、フランチャイズ制導入」。マキシマム ザ ホルモンの「2号店」を作る。「2号店」はホルモンの曲を自由に使っていい。

(2)その「2号店」はホルモンのバーターではなくフェスにも出られる。5月連休にさいたまスーパーアリーナで行われる『VIVA LA ROCK 2019』の出演をプロデューサーの鹿野淳に交渉して5月5日にブッキング済み、すでにワクをもらってある。

(3)この「2号店」のメンバーを一般公募する。期間限定とか臨時店とかではない。副業気分・バイト感覚での応募もあり。

 条件は以下。

「年齢4歳以上(オムツが必要ない歳)」
「性別不問」
「人種・種族不問」(亮君曰く「パーマン2号がサルなのと一緒」)
「いじめっこ・麻薬中毒者・犯罪者・詐欺師・動物虐待者は絶対ダメ」
「プロダクションへ所属している方は事前承諾を得ていること」
「ホルモンに見た目や特徴が似ている人NG! ダメ絶対!(男前&美人が4人並んだ「こういう感じが望ましい」という仮のアーティスト写真の提示あり)

 で、その上で、『VIVA LA ROCK』への出演が決まっているので、その日=5月5日のスケジュールが空いている人であることと、5月5日に『VIVA LA ROCK』に出ることが決まっているUVERworld、UNISON SQUARE GARDEN、SHISHAMOのメンバーはNG、ということもアナウンスされた。

 また、2号店ならではのメンバー・「第5のパート」も募集された。ホルモンの4人に即した担当楽器じゃなくてもいい、演奏じゃなくてダンサーとかでもいい、ということです。

 というわけで。その「2号店」メンバーを決めるオーディションのスタートから、『VIVA LA ROCK』出演時までの道のりを、ホルモンのYoutube公式チャンネルで配信することも、この記者会見で発表された。

 というところで終わるかと思ったら、さすがホルモン。爆弾も用意されていた。彼らの地元が八王子であるように、「2号店」にも出身地があるといいので、それを選びたい。で、その「2号店」の拠点に選ばれた土地では、本家のホルモンはむこう5年間ライブを行わない、という。

 で、くじ引きの結果、「2号店」の地元として栃木県が選ばれたのだった。

「YouTube番組『ガチンコザホルモン 』は映像企画のエポックに? 書類審査からオーディション編までを振り返る」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版