>  > 乃木坂46中村麗乃、齋藤飛鳥の似顔絵に挑戦

乃木坂46中村麗乃、齋藤飛鳥の似顔絵に挑戦「1回で描いたけど失敗しちゃった……」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。4月19日の配信には、中村麗乃が登場した。

 まずは毎回恒例となっている宿題のコーナーから。ここ数日間の『のぎおび⊿』では、宿題として前日に配信したメンバーの似顔絵を描く流れが続いている。前回配信を担当した齋藤飛鳥が用意した課題も、その例に漏れず「わたしの似顔絵をキャラクター風にかけますか?」というもの。この宿題を受けて中村は「なんか最近すごい、似顔絵の宿題率が高い気するんだけど、それはたまたま? 合わせてるのかな?」と首を傾げた。

 これまでメンバーが描いた似顔絵を収めたスケッチブックを手に取り、ペラペラとめくっていく中村だったが、その中に「えっ!? 衝撃!」と目を丸くする作品が。それは、乃木坂屈指の“画伯”として知られる阪口珠美が手掛けた独創性あふれるイラストで、中村は瞬時に「絶対、これ珠美が描いたやつだ!」と察知。スタッフからこの絵が伊藤純奈をモチーフにしていることを知らされると「あ~、純奈さん……珠美の絵、みんな一緒に見えちゃう。顔に対して目が半分くらいある」と笑みを浮かべていた。そんな中村が描いた齋藤飛鳥の似顔絵は、無駄な線のないシンプルなデザイン。が、本人は「1回で描いたけど失敗しちゃった……」と納得いっていない様子だった。

中村麗乃による齋藤飛鳥の似顔絵(画像提供=SHOWROOM)

 続いて、ソニーミュージック六本木ミュージアムで開催されている「乃木坂46だいたいぜんぶ展」の話題に。乃木坂46のアートワーク約9万点が展示されている同展覧会に最近行ったという中村は「すごい感動した」と言い「すごい細かく色んなものが飾られてて歴史を感じました」と語った。その中に入っているカフェもおススメだと言い、「シンクロニシティパンケーキを食べたんですけど、めちゃくちゃ美味しかった!」と熱弁しつつ「糖分でできてるから私」と甘いモノに目がないことを明かした。

      

「乃木坂46中村麗乃、齋藤飛鳥の似顔絵に挑戦「1回で描いたけど失敗しちゃった……」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版