>  > DEEP、新メンバーオーデョションまでの軌跡

DEEP、新メンバー加入でさらなる快進撃なるか ボーカリストオーデョション開催までの軌跡を追う

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LDH所属の3人組コーラス&ボーカルグループ・DEEPが、新たなボーカリストを迎えるべく『DEEP VOCALIST AUDITION』を、4月6日より開催している。

 本オーディションの説明をする前に、まずはDEEPの歴史を振り返っていきたい。DEEPの前身は、EXILEのボーカリストATSUSHIを中心に結成されたボーカルグループCOLOR。2004年にシングル『Special love』でデビューしたが、2006年10月にTAKA以外のメンバーが脱退。これまでプレイングマネージャー的立ち位置だったATSUSHIがプロデュース一本に専念して、新たなメンバーを募ることになった。

 白羽の矢が立ったのは、1万人が参加し、TAKAHIROが選ばれた2006年開催のEXILE新ボーカリストオーディション『EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 ~ASIAN DREAM~』において、ファイナリストになったYUICHIRO、セミファイナリストになったKEISEI、RYOの3人だった。TAKAを新リーダーに据えて、2006年12月に新星COLORとして本格的に始動。2007年4月には、初のシングル『涙が落ちないように』をリリースした。

 2009年6月30日に開催された全国ツアーファイナル公演(『COLOR LIVETOUR 2009 〜DEEP〜』)では、ATSUSHIがプロデューサー業を退き、メンバー自らがセルフプロデュースをしていくことを発表。

 グループ名も「ファンと深い絆で結ばれたい」との想いから、翌日の7月1日より「DEEP」に改められることになった。ファンと深く関わっていきたいという想いは、メンバーを積極的なライブ活動へと駆り立てる。年間40公演以上のコンサートでコツコツと実績を積み重ね、2011年5月31日『DEEP LIVE TOUR 2011 “未来へ”の扉 』最終日には、初の日本武道館公演を成功させるに至った。

 R&Bをベースに持つ実力派のコーラスグループとして、国内の音楽シーンで唯一無二のポジションを確立したDEEPの快進撃は、武道館公演以降も続く。2011年10月には『君じゃない誰かなんて~Tejina~』で、オリコン週間シングルランキング自身最高位となる3位を獲得。さらに、2012年1月リリースのシングル『Callin You』をもって5作連続のオリコンウィークリーチャートTOP10入りという記録も達成した。2015年12月にはレコード会社をavexからSony Musicへ移籍。同じくLDH JAPANに所属するEXILE THE SECONDのライブでもサポートを務めるなど、その活動の幅を広げ、「進化を続けるコーラス&ボーカルグループ」としてこれまで以上の飛躍が期待されていたが、2018年12月31日をもって新生COLOR時代より12年の長きにわたり活動してきたRYOが、新たな夢を求めてグループを卒業。DEEPは3人で次のステージへと進むことになった。

      

「DEEP、新メンバー加入でさらなる快進撃なるか ボーカリストオーデョション開催までの軌跡を追う」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版