>  > eスポーツ業界のプロに迫る『電脳HUMAN』とは

ケイン・コスギに商品開発スタッフも eスポーツ業界のプロに迫る『電脳HUMAN』とは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内でeスポーツ元年と評された2018年以降、インターネットや地上波を含め、eスポーツに特化した番組が数多く誕生している。テレビ東京系列で毎週日曜10時48分より放送中の『続きぃぃeeeee!電脳HUMAN』(以下『電脳HUMAN』)もその流れを汲む番組だ。

 『電脳HUMAN』は「ゲーム業界を裏で支える仕事人たちの紹介」をコンセプトに掲げており、プロゲーマーをはじめゲームクリエイターやタレント等の活動にフォーカスしているのが大きな特徴。放送時間は約5分と短めだが、普段は中々追えない各分野のプロフェッショナルの姿を知ることができる。特にeスポーツシーンに興味のあるユーザーはチェックしておいて損はないだろう。

 そこで本稿では、テレビ東京公式YouTubeチャンネルにアップされている『電脳HUMAN』の中から、筆者の独断で2本を選出。大まかな内容を記載すると共に、その見所を解説していく。

Twitchでゲーム配信を行う肉体派タレント ケイン・コスギ

タレント ケイン・コスギ【続きぃぃeeeee!電脳HUMAN#008】

 1本目はワールドワイドに活動する男性タレント「ケイン・コスギ」の放送回。ケイン・コスギと言えば、鍛え抜かれた肉体を活かしてドラマや映画、特撮番組などで活躍する「アクション俳優」というイメージが強い。その影響からか一見eスポーツとは無縁に思われるが、この動画を見れば彼がいかにeスポーツに対して熱い思いを抱いているか分かるはずだ。

 幼少期の頃からゲームを熱心にプレイしていたケイン・コスギは、「ゲームが秘める魅力や良さを伝えたい」という思いを実現させるため、2018年3月より動画配信プラットフォーム「Twitch」にてゲーム実況配信を行っている。動画内でもその姿は健在で、戦略性と競技性の高い作品『League of Legends』をプレイしながら、同時に視聴者のコメントにも丁寧に対応する模様が映し出された。

 League of Legendsとは5vs5のチーム戦で戦うMOBA(マルチプレイヤー・オンライン・バトルアリーナ)ゲーム。Riot Gamesによる2009年サービス開始から2019年で10周年を迎える。プレイヤー数が世界累計1億人を超えており、eスポーツシーンで非常に大きな存在感を放つメジャータイトルである。

 Twitch配信で1万6千人以上の視聴者数を集めた実績を持つケイン・コスギ。しかし配信を行う際の機材セッティングは自分で行っている。その様子を見たスタッフから「何でここまで苦労してやるんですか?」と聞かれた彼は、「これを見て(視聴者が)笑顔になってくれればいいなと思って」と胸中を明らかにした。

      

「ケイン・コスギに商品開発スタッフも eスポーツ業界のプロに迫る『電脳HUMAN』とは」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版