SixTONES、単独コンサートに高まる期待 『すとらじ』で展開された爆笑トーク

 ジャニーズJr.の人気ユニットSixTONESが、公式YouTubeチャンネルを更新。3月21~23日に横浜アリーナ、5月1~2日に大阪城ホールで開催する、単独コンサートについて語った動画『SixTONES【すとらじ】コンサートについて熱く?語る!!』をアップした。

SixTONES【すとらじ】コンサートについて熱く?語る!!

 しかも3月23日の最終公演は13時30分より、3月1日にリリースされたジャニーズJr.の公式動画専門サイト『ISLAND TV』(https://j-island.net/live/play/id/1)にて、コンサート本編開演から中盤MCまで生配信される予定だ。

 生配信はYouTubeとは異なり、500円(税込)と有料ではあるものの、チケット代金に比べると手の届きやすい価格。チケットが入手できなかった人や、遠方でなかなかライブ会場まで足を運べない人、またはちょっとどんなコンサートか見てみたいというビギナーにとっては、新たな楽しみ方を提供してくれそうだ。

 では、どんなコンサートが楽しめるのか? と、今回アップされた動画をチェックしてみるも、やはりそこはSixTONES。彼らのワチャワチャとした姿にばかり目がいってしまい、1度聞いただけでは話が入ってこないレベルの面白さ。

 かねてから【すとらじ(すとーんずのらじお)】といえば、通常ラジオのように音声のみで楽しめる動画を目指すものの、なんだかんだ彼らの動きや表情が見逃せないコンテンツ。今回も、メンバーが考えたムチャぶりをランダムで引いて、全員でそれを実行しながらラジオ風トークを繰り広げるというのだから、一応「※ここからは音声のみでもお楽しみ頂けることを祈ります。」とテロップが出てはいるものの、決してそうはならないことは明白だ。

 「英語Only」や、呼んだことのない「あだ名」をブッ込むなど、ムチャぶりをこなしながらライブの見どころを話していくメンバー。京本大我が田中樹を「ネバス」、森本慎太郎を「セバスティン」と呼びだすと、いよいよカオスな雰囲気に。ソロコーナーについてちょっといい話をしているにも関わらず、ボケが強すぎて笑ってしまう。その流れを汲んで、ジェシーが京本を「モッチー」と呼べば、松村北斗が自分のことを「ボッチー」と言い出し、田中に「それ寂しいやつじゃん」とツッコむ。そんな小気味の良い連携プレーはまさにSixTONESの真骨頂。

 そんな同じクラスの男子たちが盛り上がっているような雰囲気のSixTONESだが、実はジャニーズ事務所に入った歴はかなりバラバラ。そこをうまく取り入れた「先輩に敬語」という無茶振りは、ギスギスするほどふだんの仲の良さが際立っていく。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる