>  > SixTONES『すとーんずのらじお』が面白い

SixTONESが小さな部屋で見せる大きな夢 『すとーんずのらじお』が面白い

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『すとーんずのらじお』こと、“すとらじ“が面白い。“すとらじ“とは、ジャニーズ公式YouTubeチャンネル『ジャニーズJr.チャンネル』にて、人気ユニットSixTONESが毎週金曜日に配信している動画のなかのイチ【ラジオ企画】。「音声だけでも楽しめるラジオを目指す」としながらも、動き満載なトークで大盛り上がりだ。

 過去には、メンバーが交替でディレクター役を務めて、無茶振りトークに挑んだことも。「お互いに褒め合って」や「(その場に)いない人について本音で語って」と、彼らが出すお題もキレもあって面白い。かと思えばジェシーや森本慎太郎の「HAHAHAHA」「ホホホホホ」の笑い声につられて、みんなで大爆笑するカオスな展開に。6人が普段からこんなふうに話しているから話題も尽きることはないし、見ているこちらも飽きることはないのだろう。個人的にはYouTubeらしい企画の動画とはまた別に、レギュラーで“すとらじ“を配信してほしいと熱望しているひとりだ。

 そんな“すとらじ“の最新回が、1月18日に配信された。『みんなの質問に答えます』(参照:https://www.youtube.com/watch?v=2sLRi-hxVAs)と銘打ち、ファンから寄せられたコメントを取り上げていく。まずは「YouTubeを始めてSixTONESの関係性や環境に変化はありましたか?」と真面目な質問が寄せられたのだが、もちろん彼らから飛び出してくるのは個性の塊のような回答。その代表格が最年少・森本だ。

 「ボディガードが増えましたね」と即答する森本に、メンバーはポカン。松村北斗が「俺ら増えた感覚ないから、個人的に?」と代表してツッコミを入れると、「僕はちょっと見えるタイプの人間なんで……」と飄々と答える森本。「幽霊的な話をしてるの?」と、話を丁寧に拾う田中樹の横で、「ほー」と興味津々な京本大我、まるで孫の話を聞くように目を伏せて微笑む髙地優吾と、それぞれのキャラクターが炸裂。森本が「ジェシーには6マンキーが(ついている)」と続けると、「AH~! ならいいよ! 来い来い来い来い!」と大はしゃぎ……と、ここまでが動画開始から約1分強の出来事。どれだけ賑やかなラジオか伝わっただろうか。

 そんな6人の関係性を「(一緒にいる時間が増えて)よくボケるようになったよね」と話す高地に、田中も「オンオフ関係なくなった」と同意。すると、即座に森本が「俺あんまりボケないけど」と反応すれば、ジェシーも「慎太郎はボケないかも」と応戦するから、メンバーも視聴者も「ウソつけ!」とツッコミを入れずにはいられない。また松村が、みんなでご飯を食べるようになったという話題で「“甲殻類だから北斗アレルギーだ“って言ってくれることが増えて、心を許せるようになった。些細なことだけど」と、ほっこりエピソードを披露。みんなの心があったまったところに、森本が「でもそれ台本に書いてあったから」とボケをかまして笑いを誘うのも、一筋縄ではないかないSixTONESらしい部分だ。

      

「SixTONESが小さな部屋で見せる大きな夢 『すとーんずのらじお』が面白い」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版