>  > アバンティーズ、エイジさん急逝の経緯を語る

アバンティーズ、エイジさん急逝の経緯を語る動画を公開 視聴者から感謝の言葉が相次ぐ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月4日、メンバーのエイジさんを水難事故で失ったことを発表していた人気YouTuberグループ、アバンティーズが29日、「アバンティーズ エイジについて」という動画を投稿し、経緯の説明を行なった。

アバンティーズ エイジについて

 冒頭、深々と頭を下げたそらちぃ、リクヲ、ツリメ。そらちぃが「本日は、すでに1月4日、所属しておりますUUUM株式会社よりご報告させていただきましたが、アバンティーズとして、メンバーであるエイジくんが亡くなった件について、お話しさせていただきたいと思います」と切り出し、リクヲが「もう少し早い時期に経緯をお伝えするべきでしたが、僕たちにとってかけがえのないメンバーを失ったことによる失望は、計り知れないものでした。カメラを前にお話しできるまで時間をいただき、みなさんにはたくさんのご心配をおかけし、大変申し訳ございませんでした」と語り、3人は再び頭を下げた。

 そしてツリメは、「いま、インターネット上ではたくさんの憶測や脚色された情報が出ております。どうか、視聴者のみなさまには、こちらからご報告させていただく内容を、お心に留めていただけたら幸いです」と、動画を公開する意図を説明した。

 まだ心の傷が癒えないアバンティーズメンバーが、リスナーのために語った今回の事故の経緯は、以下のとおりだ。

 1月1日、ツリメを除くアバンティーズのメンバーと知人で、休暇のためサイパンのバードアイランドビーチを訪れた。そして、現地の地域環境や、遊泳について詳しい人とともに、トレッキングで使用される道を歩き、ビーチに向かった。浅瀬で水遊びができる場所を探して、周辺を散策。エイジさんはその中で、ももあたりまで海水に浸かる場所まで行った。メンバーが目を離したとき、「助けて」という声が聞こえ、振り向いたときには、それまで見たことがなかった大きな波にさらわれ、沖まで流されている姿があったという。知人がすぐに助けに向かい、近くの岸まで引き上げたが、そのときには、エイジさんの意識はなかった、とのことだった。レスキュー隊を呼び、交互に人工呼吸を行なうなど、救命活動に力を注いだが、病院での処置も実らず、医師から「残念です」と告げられたと、リクヲが一語一語、噛みしめるように語っていた。

 そらちぃは、あらためて、今回のサイパン旅行は休暇として訪れており、動画の撮影は行なっていなかったこと、遊泳禁止区域での事故ではなかったこと、そして、現地での検証の結果、想定外の事故に際して、すべきことは最大限行なった上での、致し方ないものだったという見解があったことを伝えた。

      

「アバンティーズ、エイジさん急逝の経緯を語る動画を公開 視聴者から感謝の言葉が相次ぐ」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版