>  > カジサックの2018年を振り返る

カジサック、チャンネル登録100万人までの道のりは? 2018年の活動を振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングコングの梶原雄太が2018年10月1日、YouTuberカジサックとしてチャンネルを開設し、物議を醸してからすでに約3ヶ月が経過。「YouTubeとテレビの壁をぶち破りたい」という思いから活動を始めたというカジサックは、2019年末までにチャンネル登録者が100万人いかなければ芸人引退することを宣言していた。12月29日現在、登録者61万人のチャンネルに成長し、順調すぎると言っても良いペースで数字を伸ばしている。そんなカジサックのこれまでを数々のコラボ動画とともに振り返ってみたい。

 カジサックはチャンネル開設からこれまで、「コラボ」を主軸として活動をしてきた。コラボの相手はYouTuberを始め、芸人や家族が出演しており幅広い。テレビでのキャリアがしっかり活かされている印象で、トーク力についてはチャンネル開設前のヒカルとラファエルの対談動画「喧嘩勃発?お笑い芸人のキングコング梶原さんと会ってきた」において、YouTuberの中でも抜群のトーク力を持つヒカルがすごいと唸ってしまうほどだった。

 YouTuberとしての魅せ方も工夫しているようで、キングコング梶原ファンのみならずYouTubeファンに向けた動画も多い。当初はTVで活躍していた有名人がYouTubeに参入するということに否定的な意見も多かったが、今ではそのような意見は確実に少なくなっているようだ。

印象的な数々のコラボ動画を振り返る

 カジサックは最初期、ラファエルの紹介でKiii所属のホームランボーイズ、もっちゃんねる、そして地獄寺紅蓮丸(正確にはKiii cube所属)とのYouTuber修行と銘打った3日間にわたるコラボ動画を投稿。YouTuberからYouTubeの極意を学ぶことからスタートした。それぞれ、うまい棒の早食い、U.S.Aしりとり、素手でスイカ割りなどYouTuberらしい企画に挑戦している。

 その後もコラボ動画を投稿しているが、中でも印象的なコラボがワタナベマホト、東海オンエアのしばゆー、よさこいバンキッシュのわきをゲストに迎え行われた『はねるのトびら』(フジテレビ)の大人気企画「ギリギリッス」のパロディー動画「TEAMマホト(しばゆー、わきを)とギリギリス対決!!」だ。『はねるのトびら』を観ていた視聴者も多いようで、懐かしいというコメントが多く見受けられた。実際にYouTubeのメイン視聴者層(10代後半~20代前半)は、全盛期の『はねるのトびら』を観ていた世代ということもあり、懐かしさから見に来た方も多かっただろう。この動画はTVの企画をYouTubeに持ち込んだ企画であったが、TVでもウケていた企画はYouTubeでもある程度の反響が見込めると証明された動画にもなった。

      

「カジサック、チャンネル登録100万人までの道のりは? 2018年の活動を振り返る」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版