>  > 乃木坂46阪口珠美、 若月佑美の特番でナレーションを担当した心境を語る

乃木坂46阪口珠美、大好きな“軍団長” 若月佑美の特番でナレーションを担当「愛を存分に込めて読みました」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。12月27日の放送には、阪口珠美が登場した。

 まずは毎回恒例となっている宿題のコーナーから。前回配信を担当した井上小百合が用意した宿題は「キス顔みせて」というものだった。この宿題を受けて阪口は「え~困っちゃいますね、ほんとに。すごい難題が来ました!」と戸惑いつつ「先輩の言うことは絶対ですからね!……頑張ります」と観念して、カメラに向かってキス顔を披露。ついでにウィンクまでするサービス精神を見せたが、やはり照れくさいようで「このキス顔は拡散しないでください!(笑)」と視聴者へ釘を刺していた。

 続いて、同日深夜に放送された(配信時点では未放送)特別番組『若月佑美 卒業、そして未来へ』(静岡朝日テレビ)の話題に。阪口は、若月を中心とした乃木坂内グループ『若様軍団』の一員。若月からは「乃木坂の未来そのもの」「たまこは絶対化けると思う」と特別目を掛けられ、また阪口も「若月さんの瓶」と名付けた自室の瓶に、若月からもらったメッセージ入りのメモなどを大切に保管して活動の励みにするという、師弟のような関係を築いてきた。

 そんな縁あって、同番組におけるナレーションに抜擢された阪口。「若月さんの大切な、大きな特別番組なのに、私がナレーションだなんて……あ~、緊張! って感じだったんですけど、もう、愛を! 存分に込めて読みましたので、きっと皆さん泣いちゃうと思います! 本当に『あ~、若月さん、会いたい!』ってなりました! もう、『軍団長~』って感じ(笑)ぜひ見てくださいね」と番組の期待感を煽り、静岡以外ファンは視聴できないことを悔しがっていた。

      

「乃木坂46阪口珠美、大好きな“軍団長” 若月佑美の特番でナレーションを担当「愛を存分に込めて読みました」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版