FANTASTICS from EXILE TRIBEメンバーの熱い想いが聴ける オリジナルボイス&プレイリストがAWAにて公開

FANTASTICS from EXILE TRIBEメンバーの熱い想いが聴ける オリジナルボイス&プレイリストがAWAにて公開

 AWA株式会社は音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」にて、12月5日にデビューを果たしたFANTASTICS from EXILE TRIBEメンバーのオリジナルヴォイスとメンバーが人生で影響を受けた曲”をテーマにしたプレイリストを公開したことを発表した。

 今回配信されるオリジナルヴォイスは、FANTASTICS from EXILE TRIBEのメンバーが、デビューにかける想いやメンバーが人生で影響を受けた曲をテーマに作成したプレイリストについて、選曲した楽曲のエピソードを語った音源となっており、2回の武者修行を経てそれぞれメンバーが成長してきた想いや、自分たちが一番想い出に残っている楽曲の幼少期のエピソードなどを語っている。

 さらにボーカルの八木勇征が生歌も披露。FANTASTICS from EXILE TRIBEのオリジナルヴォイスとプレイリストでメンバーの熱い想いを感じてみてはいかがだろうか。

▼オリジナルヴォイス&プレイリストURL
https://mf.awa.fm/2AC2D3t

 また、AWA公式Twitterでは、FANTASTICS from EXILE TRIBEのサイン入りポラロイド写真が当たるプレゼントキャンペーンを実施中。AWA公式Twitterの指定の投稿をリツイートし、本アカウントをフォローされた方の中から抽選でプレゼントする。

▼AWA公式Twitter対象投稿URL
https://mf.awa.fm/2Qcgnwd

FANTASTICS from EXILE TRIBEオリジナルヴォイス(一部抜粋)

デビューにかける僕らの想い#1

参加メンバー:佐藤大樹・澤本夏輝・瀬口黎弥・中島颯太

佐藤大樹:「僕たちは、武者修行を2回やらせてもらい、その中でメジャーデビューは夢のひとつでもありました。今回デビューという夢が叶ってとてもうれしいです。」
澤本夏輝:「ダンスを始めたころの20年前の自分は想像していないですね。自分がデビューに参加できたことを昔の自分に聞かせてあげたいです」
瀬口黎弥:「いろいろな地方でやっていたメンバーがひとつになって、いままで出会うことのなかった仲間がここに集まって、FANTASTICSというグループが結成したことは奇跡ですね」
中島颯太:「デビューすることができて本当にうれしいですし、これからもっと頑張って行きたいと思います。」

デビューにかける僕らの想い#2

参加メンバー:世界・堀夏喜・木村慧人・八木勇征

世界:「武者修行中はボーカルとパフォーマーで色々意見を言い合ったりして、厳しい言葉もかけながら成長してきました。この2年間色々ありましたが、これからも頑張っていきたいと思います」
堀夏喜:「結成からの2年間は本当に濃い2年間でした。2018年は自分の中での人生のターニングポイントです」
木村慧人:「FANTASTICSに加入させてもらってから1年ですが、初めてのことが多すぎたし、スピード感が早くて、喰らいついていくのが必死でした」
八木勇征:「デビュー曲「OVER DRIVE」は、1年間パフォーマンスしてきました。ボーカルにとってはオーディションの課題曲だったので、共に育ってきた楽曲です。9人が一番携わっている楽曲なので、ぜひ聴いてく欲しいです」

選曲した楽曲についての エピソード#1

参加メンバー:佐藤大樹・澤本夏輝・瀬口黎弥・中島颯太

佐藤大樹
選曲:Michael Jackson「Black or White」
「ダンスしてなかったけど、マイケルにはまった時期があって、ミュージックビデオを繰り返し見て歌を練習していました」

澤本夏輝
選曲:RIP SLYME「Hot chocolate」
「僕が小学生か中学生ぐらいの時に、はじめてこの楽曲で踊っていて、ダンス楽しいなと思った楽曲です」

瀬口黎弥
選曲:Kohh「貧乏なんて気にしない」
「タイトルからインパクトがある曲で、18歳の時に上京してきた苦しい時に、熱い闘志がみなぎってきた楽曲です」

中島颯太
選曲:SEAMO「Continue」
「この曲を聴いて家族全員がポジティブになりました。この曲を聴きながら人間性を学びました」

選曲した楽曲についての エピソード#2

参加メンバー:世界・堀夏喜・木村慧人・八木勇征

世界
選曲:Michael Jackson「Remember the Time」
「この楽曲を初めて聴いたのは子供のころでした。この楽曲のミュージックビデオを見てさらに好きになって、自分のダンスの師匠のエディット・フォースが振りを作っていて、ビデオでは初めてマイケルがHIPHOPを踊っていて、いろいろなものが重なり印象が強い楽曲です」

堀夏喜
選曲:TRIPOD BABY / m-flo loves LISA
「この曲は家族で出かけるときによく流れていました。ラップ調のブラックミュージックに小さい時に親しんだことで、すんなりHIPHOPに入っていけたのかなと思います」

木村慧人
選曲: EXILE「掌の砂」
「この曲は初めてEXILEさんのライヴツアーのサポートダンサーをした時の曲で、EXILEさんがファンのみなさんに笑顔や幸せを届けているのを見て、自分もアーティストになりたいなと思った、想い出深い1曲です」

八木勇征
選曲:中西保志「最後の雨」
「中学生の時に失恋をして、当時お母さんがカラオケでこの楽曲歌っているのを聴いた時に、歌詞が自分の中にグッときて大好きになりました」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる