>  > VTuberの音楽を追う「バの音楽事情」第4回

連載「バの音楽事情」

VTuberの音楽を追う「バの音楽事情」第4回ーーキズナアイ 、海月ねう、虹乃まほろなど良曲たち

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バーチャルYouTuberの音楽シーンを楽曲紹介という形で追っていく、「バの音楽事情」第4回。活動1周年を迎えるバーチャルYouTuberも増えてきたこの頃、彼らの楽曲リリースの流れはとどまるところを知らない勢いである。「音楽特需」とまで呼ばれるほどの展開を迎えた今、メインストリームからサブカルチャー的楽曲まで「良い楽曲」はしっかりと抑えておきたいところだ。

キズナアイ – Future Base

Kizuna AI 1st Live “hello, world”

 バーチャルYouTuber界の親分ことキズナアイから、9週連続での楽曲リリースが発表された。これは12月末に開催されるキズナアイ初のライブイベント『Kizuna AI 1st Live “hello, world”』に向けたものであり、第一弾となる今回の楽曲を手掛けるのは、独特なクラブサウンドで絶大な人気を誇るYunomi。

 TORIENAやCY8ERなどへの楽曲提供でもその独創性を発揮してきた彼だが、「Future Base」では今までのYunomiサウンドとは少し異なった音使いとなっている。楽曲は各種ストリーミングサイトで配信中。ちなみに第二弾である「new world」(11月2日リリース)の作編曲もYunomiが手掛ける。『Kizuna AI 1st Live “hello, world”』は東京、大阪にて単独2days公演。バーチャルYouTuberのライブイベントとして現段階では史上最大規模となる。WEB抽選先行はこちらから。

 

海月ねう – jelly girl

【オリジナル曲】jelly girl / 海月ねう

 2018年3月から活動を続け、最近ではupd8にも加入した「海月(みつき)ねう」によるオリジナル楽曲。10月28日に誕生日を迎え、初の生放送を配信すると共に公開された。彼女が今ままで支えられてきた人々への感謝や、YouTuberとしての活動の中で感じてきたことが歌詞として綴られている。楽曲制作は「リリーの法則」という7人組のクリエイターチームが担当。8bitを基盤にしたポップなサウンドで、ゆるいラップも実に彼女らしい。なおミュージックビデオの制作は全て海月ねう本人が担当しているというのだから末恐ろしい。ちなみに自称7歳。

虹乃まほろ – 虹のまほう

【第1弾MV】虹のまほう/歌:虹乃まほろ【まほろアイドルプロジェクト】

 ポップカルチャーメディア「KAI-YOU」のキャスターとしても活動するバーチャルYouTuber、「虹乃まほろ」によるオリジナル楽曲。これまで様々なパロディネタを含んだ尖った動画を投稿してきた彼女だが、実は去年の7月からニコニコ生放送での活動を開始した古株。今年の7月に1周年記念生放送を行い、「まほろアイドルプロジェクト」としてアイドルデビューを宣言。

 10月頭に第一弾として「虹のまほう」が投稿された。ショートバージョンではあるものの、MonsterZ MATEのプロデュースを手がけるバルス株式会社が撮影に協力しており、虹乃まほろが歌って踊るまさにアイドルらしいMVになっている。ちなみに彼女が着ている妙なTシャツは動画ごとに毎回変わるもので、「NERIMA CITY」と書いてあることも。なお本楽曲の作曲はハム氏が担当している。

      

「VTuberの音楽を追う「バの音楽事情」第4回ーーキズナアイ 、海月ねう、虹乃まほろなど良曲たち」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版