乃木坂46 齋藤飛鳥「さびしいね」の声も 『あの頃、君を追いかけた』LINEスタンプを発売

 山田裕貴主演、乃木坂46の齋藤飛鳥がヒロインを務める映画『あの頃、君を追いかけた』のLINEスタンプが9月27日発売され、時現在もLINEスタンプショップ公式ランキングで上位を記録している。

 本作は、台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化し、台湾で200万人を動員した青春映画。主人公は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをし、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていた水島浩介(山田裕貴)。浩介の態度に激怒した教師が、クラス一の優等生・早瀬真愛(齋藤飛鳥)を浩介のお目付け役に任命する。浩介と仲間たちにとって、彼女は中学時代からの憧れの存在。浩介は真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がザワつき始める。やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく……。舞台を日本に移しリメイクした本作では、山田と齋藤飛鳥のほか松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介と若手俳優たちが集結した。

 リリースされたLINEスタンプはボイス付きで、登場人物たちが劇中で発するセリフの生の声を聞くことができる。山田演じる浩介の全く大丈夫そうではない「大丈夫大丈夫」や、全く興味がなさそうな「へーっ」などはスタンプとしてもなかなか汎用性が高く、相手とのジョークを交えたやり取りなどで使いやすそうだ。また、齋藤演じる真愛が少しキレ気味で返す「幼稚!」や、切ない声で発する「さびしいね」というスタンプは、思わずキュンとしてしまうファンもいるかもしれない。

 さらに、劇中に登場する浩介と斎藤を中心とした仲間として登場するキャラクターたちそれぞれのスタンプも存在する。斎藤が公式HPにて本作への意気込みを「主要7名すべての役に愛おしいところがあるので、それが伝わるといいなと思います」と話しているように、7人の高校生たちの群青劇として登場人物たちひとりひとりをキャラクターを知ることは重要となってくる。鑑賞の前準備として、LINEスタンプを活用しながら、世界観にどっぷり浸かり、存分に楽しむのはいかがだろうか。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(文=編集部)

◾️LINE STORE
https://store.line.me/stickershop/product/12402/ja

■公開情報
『あの頃、君を追いかけた』
10月5日(金)全国ロードショー
出演:山田裕貴、齋藤飛鳥、松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介
監督:長谷川康夫
脚本:飯田健三郎、谷間月栞
原作:九把刀『那些年、我們一起追的女孩』
製作:『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ
(c)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
公式サイト:http://anokoro-kimio.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!